コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原発はイケン


haru3

原発はイケン
原発再稼働 5原発10基・申請強行 経済成長に欠かせないと。
 
福島県9条の会の案内に沿って、先月末福島、原発被災地の南相馬に一泊二日で82歳の方も含めて22人の生協OBの仲間を中心に行ってきました。

南相馬小高・浪江町請戸(四街道への避難者の住居跡など)です。まさに百聞は一見にしかずでした。

政府が決めた避難指示解除準備地域にも行ったのですが被害が深刻な地域でした。地震と放射能汚染により農業や漁業が絶望的です。被災者住民がほとんど長期に帰宅が叶わぬ地域だといっていました。当地の九条の会の被災漁民が五時間にわたって説明しました。
四街道から初めて参加された方は(「原発問題への考え方を問うこと」が未来に対する人の心を試すリトマス試験紙になっている。原発維持賛成者には、「福島の現場を見て!感じて!考えて!」と叫ぶことが最短、最良の一言ではなかろうか? それが私の今回のツアーで得た結論です)と。

私は、目の前の子ども・未来のこどものいのちと暮らし、のために後期高齢者として生きる間は仲間とともに草の根で動くつもりです。経済成長をかかげ若者の人気を集めているとされる為政者が実は膨大な費用をかける原発推進という最も不経済なことをしていることを若者に伝えるのも年寄の務めですね。そして命の優る価値はどこにもないことを自戒を込めて語り合うことが肝心だと思います。

日本国憲法草案に多大の影響を与えたけ故鈴木安蔵氏の生家  福島県南相馬市JR小高駅 (閉鎖) 付近。2011-3・11より崩壊のままの塀の前で。私たち意外周りには人一人いない。異様な無人地帯・。2013-6-24日10時半現在  ((TH)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。