コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

 (haru3)

著書名「原発とは結局なんだったのか」-今福島で生きる意味-
       福島大教授 清水修二著  東京新聞  定価1400円+税

推薦する理由 時宜に適したもってこいの著作といってよいと思います。私たち市民の問題点をも指摘し私には目

からうろこでした。原発事故後の対応に身を投じつつ具体的かつ鳥瞰的立場で鋭い問題提起をしています。昨11

月 原発事故被災地調査団長として、ベルラーシ・ウクライナを訪問(福島県連会長熊谷さんも同行)し2012

年3月11日「原発いらない!福島県民大集会」で呼びかけ人代表を務めました。2012-3まで福島大副学長

をつとめています。氏の専門は財政学・地域論です。

若干のコメント

私流で単純化を恐れずに言えば一般に社会の組織は「権威」によって作られています。 原発過酷事故は 初めに

「原発ありき」を権力者が決定して演繹的にシステム化するピラミット型のもたらした権威です。これに対し命・

くらし・環境・そのための経済・継承発展創造・未来を願う人間の視点に立つ側の権威があります。それが組織な

らその構成員が帰納的に練り上げていく民主主義の権威です。生活にかかわる組織の権威です。科学もまたもともと帰納で積み重ね発見創造されてきました。氏は「福島の痛みをわが痛みとすることを」出発点にすることでの時代の転換に希望を見出しています。その科学的根拠を示し福島(日本)で生きる意味を提示し続けています。ぜひ一読をお勧めします。(高橋晴雄)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013年02月07日(Thu)18:43 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。