コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ありがとう  辛酸をなめた震災下の中の人たちから学ぶ  協同はどこから

[haru3]

ありがとう考1
東北大震災の傷は簡単に癒えるものではない。8歳から84歳までの被災者が寄せた詩 が仙台の河北新聞からこのほど 出版された。「ありがとう」という題が付いている その一つ一つに暗がりの中に灯された明かりのような確かさがあった。と福島出身の詩人和合亮一の講評で述べている。

四街道でヘルパーをされているOさんから今朝家に届けるから是非読んでみて、という電話があった。「ありがとう がどんなに深く心に沁みこむかを感じて働いてきた この福祉NPOのひとたちはひきつずき石巻に行って支援している。

私は、閖上や石巻、仙台、陸前高田,山元など・・・・の11歳、33歳、50歳、8歳・・・・・の詩に次々に揺さぶられていった。昨年訪ねた町まちを思い出し、このまちの「詩人」たちに「ありがとう」を私も繰り返していた。

河北編集長はこの本の中で「がれきの下にある気高さ」を感じたと述べている。

一方今日の朝日新聞1面トップに原発14基を抱える福井県の原子力安全委員5人の学者に電力会社が1490万円を寄付したと報じています。国の安全委員も多額の金を受け取っていたことが報道されたばかりだった。氷山の一角といってもいい。安全が虜にされたも同じだ。

、政府・行政・電力会社、企業、学者を巻き込んだ利権、隠ぺいに対して多数の国民批判し、安全がまもられない日本で、脱原発が多数になってきた。それでも脱原発の主張に対して政治的色眼鏡で見る人も中に入る。「原発の現場で働く人たちに思いをはせ、あるいは子供の詩に接して「がれきの下にある気高さに接してほしいと思った。

ふきのとうのOさんが残部を持っている。1冊1000円


あなたが折った、おり鶴
小さな手が折った、おり鶴
年輪が刻まれた手が折った、おり鶴
色とりどりの、おり鶴
どんなに勇気付けられたか
どんなに慰められたか
あなたの思いは届いているよ
ありがとう、ありがとう、ありがとう

あなたが折った、おり鶴
学校で折った、おり鶴
施設で折った、おり鶴
いろあざやかな、おり鶴
どんなにうれしかったか
どんなに感動したか
あなたの願いは届いているよ
ありがとう、ありがとう、ありがとう

あなたが折った、おり鶴
泣きながら折った、おり鶴
祈りをこめて折った、おり鶴
色いっぱいの、おり鶴
どんなに心が和んだか
どんなに気持ちが落ち着いたか
あなたの気持ちは届いているよ
あなたの思いは届いているよ
ありがとう、ありがとう、ありがとう
ありがとう、ありがとう、ありがとう


ありがとがす    岩手県一関市  62歳

だらだらの汗、日焼けした顔
泥まみれの作業服
おめえ様とすれちがう時
おらは目頭が熱くなるちゃ
宿舎にもどって行くおめえ様の背中に向かい
おらは心の中で最敬礼するのしゃ
おめえ様は仕事だからと実に格好いい
おめえ様にも緑豊な故里があり
心やさしい家族が待っているべ
ほんでも、もうちょっとだけ
おらに力を貸してけねが
おらも精一杯努力すっから
必ず夜の次には朝がきて
泣いたあとには笑うときがくるちゃ
この前テレビでどこかのばあちゃんが
ありがとがすと何回も頭を下げていたのしゃ
おらも同じだ
ありがとがす ありがとがす ありがとがす
おらも精一杯努力すっから
ありがとがず


あなたがいたから     仙台市若林区  43歳

あなたがいたから 歩き出せた
あなたがいたから 笑顔になれた
あなたがいたから 人にやさしく
生きて 生きてこられた

私が一番つらい時に
いっしょに泣いてくれたね
黙ってこの手 つないでくれたね

ことばにならない「ありがとう」
伝えたい今 握り返す指の強さで・・・

あなたがいたから 強くなれた
あなたがいたから あきらめなかった
あなたがいたから 地上にあふれる
愛に 愛に気づいた

まぶしい笑顔で 生きる勇気
いっぱい分けてくれたね
なんにも言わずに そばにいてくれたね

あなたの心が つらい日は
支えたい そう 次は私たちが近くで・・・

あなたがいたから 歩き出せた
あなたがいたから 笑顔になれた
あなたがいたから 人にやさしく
生きて 生きてこられた


心に射す光    仙台市泉区  51歳

あの日のことは忘れない
すべてをこわして夢をくだいた
人の無力を思い知り
ただ涙を流し何もかも夢である事を願った

下を向き絶句だけが心の中を満たしていた時
すべての人が涙を流してくれた事を知った
すべての人が手を差しのべてくれた事を知った
すべての人が勇気と希望を送ってくれている事を知った

心の中に光がとどく
立ち上がれるよ
前を向けるよ
小さいけれど一歩あるけるよ
すべての人にお礼をしよう

すべての人に
ありがとう
すべての人に
ありがとう
何千回何万回いってもたりないね
すべての人に
すべての人に
ありがとう


ふるはな     石巻市   33歳

花は 降る
降る 降る 花
降る 花は
はら はら はら

世界から
降りそそぐ
優しい花
はら はら はら

あの日
何もかも無くしたと
えぐれた地面けって
空をあおいだ
こんな場所に
花なんて咲きはしないと
涙たたえた日に
映ったのは

君が降らせた無数の花々

花は 降る
降る 降る 花
降る 花は
はら はら はら

温かい
涙も降る
うれしくて
はら はら はら
いつか
いつか
この花が
街に芽吹いて
また花を咲かせたら
花束にして
お礼に行くよ
待っていて

あろがとう


さんぽ道     仙台市若林区  8歳

春、二人手をつないで
小さな水色の花とたんぽぽ
すみきった空気の中で
うたをうたいながらあるく、
二人でかおを見合わせてにっこり
ばらの花が、すこしふくらんです。

夏、二人じてん車で
風にむかってはしる。
あたたかい空気が、とてもきもちいい。
花やが、たくさんならんできれい
マリーゴールド、ひまわり、あさがお。
みんなげんきにさいている。
ありがとう、ありがとう。
きもちをやさしくしてくれてありがとう。
お花をかって、にわにうえたよ。
にわが、とってもあかるくなた。

秋、二人で、さんぽ道
コスモスがさいている、
赤とんぼがたくさんいた。
ちょっとつめたい風が冬をよんでいる。
おんしつの中は、とてもあたたかくて
いいにおいがする。
ここにすみたいくらい大すきだった。

だけど、今はもういない、
つなみでながされちゃった。
とてもかなしかった。
お花たちもながされたから
せっかくきれいにさいていたのにかわいそう。
きっときっと、かならずまたさいてね。
私と、ばばのたいせつなさんぽ道。
思い出をありがとう。

私と、ばばの えんげいセンター
私が赤ちゃんのころから
ばばにつれていってもらっていた
お花ばたけ、思い出のしゃしんがのこっている。


あなたにありがとう    岩手県陸前高田市   48歳

ただ愛しくて
ただただ愛しくて
かわいい我が子を
なくした現実が受け入れられず・・・

人命を救おうと職務を遂行し
全力を出し切って逝ってしまったわが子よ
私の子に生まれてきてくれてありがとう
たくさんの思い出をありがとう
あなたは母の誇りです ありがとう

悪夢から抜け出せないでいるような
時ばかり前へ進んでいく
茫然とする日々の中で

しっかりとした眼差しを向けてくれる人がいた
笑顔で声をかけてくれる人がいた
一生懸命伝えてくれる人がいた
わが子と重なる・・・
一人ひとりが愛しい命

遠くからありがとう
一生懸命をありがとう

たくさんの方々に出会って
生きていく決心がつきました

必ず無事でお帰りください
あなたを待っている人の元へ
あなたを ただ・・・
ただただ愛しいと想う人の元へ
必ずご無事でお帰りください

ただ愛しくて
ただただ愛しくて

あなたに心から ありがとう


たくさんの手    塩釜市   11歳

「遊びに行くよ」
こう言って、私の手を引いて、
よく公園に連れて行ってくれたおじさん、
その大きなかたい手を、わたしは忘れない。
あの優しい笑顔を、
いつも、両手をくっつけて
「手と手を合わせて、しあわせ」
といっていた、あのうれしそうな顔を、
私は、忘れない。

水がこんなに大切だったなんて、
水を手に入れることがこんなにたいへんだったなんて、
私は給水所へ行くたびに、
ほんとうにそう思った。
「こんな生活いやだ」
でも、そんな中
給水所の長野県から来たお兄さんは、
いつもやさしく手を差しのべてくれた。
お兄さんも不安だろうに。
お兄さんにも自分の家族がいるだろうに。
私はいつも、その優しいお兄さんの手に
ペットボトルを渡し、
そのお兄さんの手から受け取っていた。
私は、このお兄さんの手を決して忘れない。

地震で校舎が大きく揺れたとき、
クラスメートの手が差し出された。
「だいじょうぶ?」
この手が、私を皇帝に連れて行ってくれた。
寒くてふるえていたら、
この手が上着を貸してくれた。
お母さんがむかえに来るまで、
この手は泣いている私の肩をささえてくれていた。
私は、このクラスメートの手をぜったいにわすれない。

私は、たくさんの手に守られてきた。
この忘れられないたくさんの手に・・・。


 
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。