コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宮古 想定を超える宮古にふれて

[haru3]

宮城のあと岩手県生協連の加藤会長が大友さんと私を三陸海岸の過酷災害地に連れて行ってくれた。
かって訪ねた名勝の各地は想定をはるかに超える震災をこおむっていた。浄土ヶ浜を持つ宮古市の災害にも目を見張った。

生協の組合員が8割を占める宮古市の生協の店にたちよった。
店あげて宮古の地域を鼓舞し 市民の中の生協の姿がそこにあった。それもまた想定を超えていた。

以下の写真は、その片鱗を示してあまりある。

s-2011-7-7  iwate 107

s-2011-7-7  iwate 109

s-2011-7-7  iwate 112

s-2011-7-7  iwate 113

s-2011-7-7  iwate 118

宮古の生産品、宮古の地域社会が生み出したもので店を埋め尽くそうとする息吹が感じられ、生協の原型を見る思いだった。生協だから当然といえば当然であろう。しかし宮古は震災のさなかにあった。生産―流通―消費をつなぐ商品手当も並ではない。職員も被災者だ。被災者の市民とともに歩むことの中に創造的復興の光を見出すにちがいない。自然にあたまがさがった。

想像を超える自然の猛威がそばにあって、想像を超える人の営みがる。災害を受けなかった地域にあるもののが学ぶ何かがある。阪神淡路震災時のことがよぎってきた。東海、房総沖、所と県直下型地震が近未来に確実に予想される。福島原発過酷事故の影響がボデーブローのように全土を覆いつつある。時代の分岐点に否応なくたたされている。人々が受ける艱難と正面から向き合うところが生命力を持つと思う。賀川豊彦が関東大震災時示した実践と精神は今に引き継がれる。

s-2011-7-7  iwate 082

s-2011-7-7  iwate 083

s-2011-7-7  iwate 095

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。