コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

正義はすべてに先行し、愛は正義を全うする

[haru3]

正義はすべてに先行し、愛は正義を全うする

私が尊敬する嶋田啓一郎(故人、同志社大教授、協同組合、福祉論)の言葉です。

20数年間、年1度は京都の西向日のご自宅を訪ねてきました。その折、目の前で色紙に書いてくださったことばです。クリスチャンの氏によれば何よりも“命の尊厳”にかかわることが「正義」です。我流の私の解釈では、正義にはいろいろあって、平和利用なら原発も正義になってしまう。戦争のため人種差別の正義もあります。
「政治」「利得」が正義を大義にするからです。放射能について正しい知識を閉ざされた中では、平和利用は人類の平和と幸福と繁栄をもたらすということが「常識」にさせられ、それが正義と言わんばかりに国策となり、教科書で教えられることになりました。

ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ福竜丸、原発労働者、苦しんだ人たちをわが身に置き換える人間の感情、愛情があれば、そのからくりを見抜く事ができます。

結局経済成長とお金のために原発の危険性を顧慮することなく推進を許すことになってしまいました。人々の命、生身の人間への愛情が「正義を全する」という意味が先生の面影とともにいま浮かび上がってききます。

私たちは「あなたにとって大切なのは、お金ですか?それとも愛する人の命ですか」という設問に否応なく選択を迫られる時代を生きることになりました。

人の命のため、愛する人たちとともに、この時代生きていくこと。私は生きる意味をいのちの価値に置き言葉と行動にしている多くの人から日々希望をいただいています。74歳近い身ですが 日本中の子供たちの未来に希望を託して少しでも前向きに歩みつつある人の輪から落ちこぼれないようにしたい。3,11の東日本地震、原発事故から学び、気づいたことです。

 ゴーストタウン化した双葉町。テレビからとる。長期あるいは永久に無人地帯になるのではないかと危惧されている。四街道に避難した方から「駅前どおり」だとおしえてもらった。

八月一三日 四街道文化センターの集いはわたしにとっては再スタートです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。