コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自然エネルギー活用へ、ふくらむ期待

[大友弘巳]

長野県飯田市の太陽光発電ネットワーク事業の事例
 4月19日に当ブログに掲載した記事「大震災による二つの重大事故」の中で、「自然エネルギーの活用に向かって」検討を進めていくことについての期待を述べましたが、そのすぐ後、4月24日朝のNHK総合テレビ、「サキどり」の番組で、「おひさま0円システム」として長野県飯田市における太陽光パネル発電ネットワーク事業の事例が取り上げられていました。 (下記の文字をクリックすると、「おひさま進歩エネルギー株式会社」のホームページにリンクします)
   NHK「サキどり↗」
 2004年にNPO法人「南信州おひさま進歩」が設立されて、日射量が日本一多いと言われる飯田市の恵まれた環境条件を生かして、エネルギーの地産地消を目指す活動が研究・検討され、自治体と連携して、環境省の補助金を受ける事業として2006年から、太陽光発電の集団的取り組みを進めているのです。

 市からのバックアップを受けて、NPO法人が「おひさま進歩エネルギー株式会社」を設立し、長野県内はもとより広く全国から出資者を募り、集まった資金で、希望する市民の住宅に頭金ゼロで太陽光パネルなど発電設備一式の設置を進めています。
 太陽光パネルを設置した市民の家庭から月々19,800円ずつ9年間がかりで返済してもらうのですが、その間中部電力に支払う電気代が大幅に安くなりますし、9年後は無償で設備1式を利用できるようになるので、市民にとってはメリットが大きくあり、自然エネルギーの活用を率先して実践できることにもなっています。
 他方、出資者には年に2.5%の配当をしているので、出資者にとってもメリットがありますし、自然エネルギー活用に協力しているという満足感も得られます。
 市の施設(学校や福祉施設など)にも太陽光パネルを率先して設置しており、それを含めて現在162ヶ所の太陽光発電設備を結ぶネットワークができており、さらに広げていこうとしています。
 問題は、環境省からの補助金の枠に規模拡大が制約されていることで、補助金が増やされるかどうか、あるいは、補助金に頼らなくても賛同者、参加者が増えるような事業計画ができるかどうか、また、設備投資額は増えますが、蓄電池も設置して、昼間発電した電力を蓄電しておいて夜間使用できるようにまで進歩させることができるかどうかなど、今後の発展が注目されますし、期待したいものです。
欧米のようなスマートグリッドの仕組みづくり(後の田中優さんの講演に出てきます)が日本でも進めば、この飯田市の取り組みは大きな飛躍に結びついて行くことでしょう。

田中優さんの講演会の記録動画の紹介
 5月8日、沖縄のKさんが、以下のようなメッセージを添えて、田中優さんの講演会の動画を送ってくれました。
   なんとわかりやすい講演だろう!!!!
   原発のこと、エネルギーのことがよーくわかる。
   私は、これほど引きこまれる講演は聞いたことがない。
   日本人すべてが見る価値のある講演だ。
   あなたの2時間2分を私にください。
   だまされたと思って、このビデオを見てください。(下記のURLをクリックして下さい)
   『 田中優さん緊急講演会 』【高画質版】(2時間2分)
    http://www.ustream.tv/recorded/14146884

 田中優さんについてはご存知の方が多いと思われますが、ウイキペディアでは以下のように紹介されています。
 田中 優(たなか ゆう、1957年―)は反原発の立場で活動を続ける文筆家。
 主な肩書きとして未来バンク理事長、非営利組織「ap bank」監事。その他、日本国際ボランティアセンター理事、揚水発電問題全国ネットワーク共同代表、自然エネルギー推進市民フォーラム理事、足元から地球温暖化を考える市民ネット理事等、肩書き多数。坂本龍一や桜井和寿ら、環境問題に取り組む音楽化との交流も多い。福井県立大学非常勤講師、和光大学非常勤講師、大東文化大学非常勤講師。

 Kさんからのメッセージに応じて動画を観て、これは本当に多くの人々に観ていただきたいものだと私も強く感じました。
 講演の前半は、原発や放射能汚染、人体への影響や、それへの対策の問題が語られており、後半は、発電コストと電力料金の問題、エネルギー自給率が僅か4%しかないこと、電力事業の独占、自然エネルギーの活用、21世紀のエネルギー事業をリードするスマートグリッド(次世代送電網)の日本での可能性、などなど大事な問題提起が最新の知見に基づき分かりやすく語られており、希望と期待がふくらみます。

 この記事を読んで下さった皆様、どうぞ2時間2分、時間を取って、田中優さんの講演の動画をご覧下さい。
 そして、これはもっと多くの人に観てほしいと感じられましたら、URLを紹介してお薦めいただければ幸いです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。