コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

追悼  2人称の死

「晴3」
追悼 二人称の死



この世で二人称の死ほどつらいものは無い。

この春 どんないに多くの”貴方”が奪われたことか。東北の太平洋ぞい200キロにわたる海岸では人々の生死は紙一重だった。おばあちゃんと孫が、子供と母親が、夫と妻が、先生と子供が、兄弟姉妹が、お友達同士が、隣近所同士が 仕事仲間が、一瞬で生死を分けた。


3週間後、私は海岸近くの瓦礫の中に立った。ここで、まさにここで、子供の名を叫びながら波に流されていった親、しっかり赤ちゃんを抱いて消えていった親子、妻と夫が引き裂かれていったであろうこの地。想像をはるかにこえ、人間の言葉では表現できない。。どんなに無念だっただろうか。どんなに悔しかっただろうか。もしかして最後に許されるその想いすら奪ってしまったのではないか。




 

  生死をつなぐもの


ある人が

波に押し流されながら木にしがみついて助かった。孫を探し回った。孫の誕生のとき記念に植えおいた梅ノ木が瓦礫の下に生きていた。今や梅ノ木が“孫”になった。大事に育てたい。生きるはりができた。孫が彼女を生かした。テレビがそう伝えた。




○ お母さんとおばあちゃんが生きていたときしたこと、私にしてくれたことを忘れないで生きたい。

○ これからつらいことがあっても、ふるさとのために前向きに生きたい。私は(亡くなった)家族も好きだった釜石をだいじにしたい。

○ 僕は全てを失った。でも、もっとつらい人もたくさんいることをこの避難所で知った。その人たちのために力になりたい。〔高校生〕




尊い死は生きる者たちへ、生きる意味を、生きるはりをあたえていることがわかる。

亡くなった人々をねんごろに追悼していくことが自分の生きる糧となる。息を吸うことを絶たれ 悲劇に巻き込まれた「あなた」はこの時5万人を超えた。そしてふえつづけている。あなたの悲劇に涙をからした人々は その何十、何百倍、何千倍に上るであろう。あなたへの追悼が深まるとき 見知らぬ人たちも親しい「あなた」と見えてくるようになる。




みちのくにゆかりがあった故井上ひさしが「受けた恩」の見知らぬ人への恩送りこそが21世紀の希望と看破し、自分の生き方でそれを示し、この世を去った。今それが名もない無数の「私と貴方の関係で」で始まろうとしている。人々のぬくもりで。

震災を原発や1極集中システムの人災で被害を甚大にし増幅させた東日本大震災。その根っこをたちきる戦いをはじまる。。垣根を越えた支え愛のある社会への戦いこそが唯一の活路となろう。かって関東大震災に際して上京した賀川豊彦が夢と希望をもつ生協を作ろうとしたように生協の新たな出番に期待したい。長期の支援が必要だ。

石巻で4店のうち崩壊から逃れたと思われる宮城生協の1店のレジのところで  大阪のせいきょうの「よせがき」にであった。うれしかった。かって世話になった生協の仲間の連帯精神を身近に感じた。

いま手元に高校の新1年生が、大学の新1年生と、新1年生同士で写った写真がある。写真をまえに何万の人たち

に黙祷をささげた。s-写真石巻仙台2011-3--4~5 068
 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

“前よりいいコープにしていこう”

対策本部対応~被災地への業務支援について、
事務局活動はいったん落ち着きつつある中、
脆弱さが露呈した初動対応の再構築など、
コープでの防災対策・減災課題、etc
仕事上の忙しさは引き続いています。

そんな中、
「自分自身は本当に何が出来るだろう?」
と思っていたところ、
知人から貴重なヒントをもらいました。

『「復興の狼煙」ポスタープロジェクト』さんです。
http://fukkou-noroshi.jp/

ぜひ、オススメです!

(以下、抜粋引用)

当たり前の事を、当たり前に伝えていく。
これが正しいことなのか、いまだに分からない。
でも、伝えるべきことがそこにある。
そして、信じることはできる。
きっと同じ想いでいる仲間が大勢いるであろうことを。
2011年4月 制作者一同

(以上、抜粋引用)


“前よりいい町にしてやる。”

 という釜石市の現場の若者のクールな眼力と、

“一緒に悲しむことよりも、
 あなたの仕事を一生懸命やってほしい。”

 とういうメッセイジコピーを素直に受け取りました。
 4.21~の5月度の事業月度を奮い立つ
 やる気・元気・勇気をもらったワタシです!
 “前よりいいコープにしていこう”

 4/21 第二種兼業農家の生協職員より
 (99里浜の津波冠水で「塩抜き代掻き」初体験の春)

第二種兼業農家の生協職員 | URL | 2011年04月21日(Thu)22:44 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。