コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

みやぎ生協震災ニュースNO5号のご紹介

[管理人 少老朋友]
みやぎ生協の震災ニュース第5号を送っていただきましたので、そのまま掲載してご紹介します。

みやぎ生協大震災対策本部ニュース№5 2011年3月18日  災害対策本部発行

職員の皆さんへ

 3月18日は、営業する店舗を新聞やテレビでお知らせしたこともあり、多くのメンバーが買い物にいらっしゃいました。お店によってはレジを通過するのに数時間お待たせした方もあったようです。商品を求めていらっしゃるメンバーが、一人でも多くお買い物していただけるよう務めましょう。店舗の復旧は日々進んでいます。更に、店内で営業の出来るお店も増えています。
全国の生協からの支援も更に増え、県内を全国の生協のトラックが走っています。共同購入や店への支援をいただいています。
 職員の安否確認も進めています。約8千人の内、未確認者は265名です。

1.全国の生協からの支援

(1)3月18日までに支援に来て頂く生協は以下の17生協(事業連合)で総勢延べ
107名です。(順不同)
  コープこうべ、東海コープ、コープいしかわ、コープあきた、ならコープ、
秋田県北生協、生協共立社、コープながの、新潟総合生協、おおさかパルコープ、
東都生協、コープあいち、コープぎふ、コープみえ、コープにいがた、ならコープ、日本生協連
(2)八乙女本部に泊り込みで多くの支援を!
応援に来ていただいた皆さんは、本部内にあるウィズと商品検査室に泊り込んで支援いただいています。寝袋持参です。食事など提供したいところですがそれも叶わず心苦しい限りです。皆さんの事業所や、本部で会った際は感謝の挨拶をお願いします。共同購入のお見舞い活動、店舗の販売・片付けなど多方面の支援を頂いています。
(3)30台を越す全国の生協のトラックが県内をお見舞い活動で回っています。また、緊急支援物資も多くの避難場所にお届けしています。メンバーだけでなく、県民のための生協の力を今こそ発揮しましょう。

2.店舗の状況

(1)昨日までに電気が33店舗で、水道が16店舗で復旧しました。レジ稼動は22店舗でスタンバイ完了です。

(2)3月19日の営業店舗は昨日と同じ29店舗です。
店舗運営部が目指す、店内の一部を除いて通常営業できる「部分通常営業店舗」は18日の9店舗から、一気に16店舗に拡大できそうです。施設・システムなどみやぎ生協の総力を挙げて復興に取組んでいる結果です。
  19日の営業店舗
木町店 柏木店 八幡町店 富沢店 桜ヶ丘店 大富店
台原店 鶴ヶ谷店 塩釜栄町店 新寺店 貝ヶ森店 西多賀店
虹の丘店 大河原店 松島店 亘理店 高森店 高砂店
多賀城店 国見ヶ丘店 柳生店 明石台店 愛子店 幸町店
高砂駅前店 塩釜杉の入店 名取西店 岩切店 八木山店

3.共同購入の状況

(1)お見舞い活動
3月17日までに、約1万4千軒のお宅をお見舞い訪問しています。今週は土日も訪問活動は行います。全国の生協から多くの支援物資をいただき、お見舞い品としてお届けしています。来週も引き続き行ないます。
(2)引き続き、各避難所への緊急支援物資をお届けしています。ライフラインの復旧が進んで避難者の減った仙台から、周辺の避難所への配送が増えています。石巻、南三陸町など、まだまだ物資が必要です。

4.支援物資(数量は約)

○昨日17日は
  東松島市からの要請で、おにぎり5,000個、
  仙台市からの要請で、菓子パン30,000個、
  南三陸町からの要請で、毛布4,000枚、タオルケット3,700枚、
  石巻市からの要請で、オムツ、尿とりパット、タオルケット2,000枚、おにぎり3,500個、やかん、ガスボンベ、ガスコンロ、鍋など。
以上の物資をお届けしています。なお、本日もSKDCに多くの支援物資が到着して
 います。明日以降も物資をお届けします。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。