コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年も、投稿・寄稿・コメント・アクセスを宜しく

[大友弘巳]

 明けましておめでとうございます。
共同のブログ「コラボ・コープOB」を発足してから2回目の新年を迎えました。
名称に比して、共同で作り上げている中身はまだささやかで、僭称と思われても止むを得ない状況ではございますが、16ヶ月間の月平均投稿数は9回余となっており、細々でも更新を維持継続できたことは貴重なことと思い、投稿・寄稿を寄せてこられた方々に、管理人として敬意を表する次第でございます。
アクセス数は、昨年の今頃は月300件台でしたが、このところは月600件台に伸びており、読んでくださる方が着実に増えていることは投稿者・寄稿者にとっては何よりうれしいことでございますので、運営メンバーの一員として心より感謝申し上げます。
 「コラボ」は、運営メンバーだけの共同を目指しているものではなく、寄稿してくださる方、コメントしてくださる方、読んでくださる方、周りの友人・知人に伝えてくださる方など、多くの皆様と共に共同の輪を広げていくことが大事と考えております。
 2010年が、皆様と共々、コラボの輪を大きく広げていく年となることを願っております。

 この正月、たくさんいただいた年賀状の中で、私と同年輩または若干先輩の方々(つまりこの共同のブログの運営メンバーと同世代の方々)からのものの多くに、00周年、歴史の節目、などの言葉が目立ちました。
私個人が今年はアニバサリー(周年記念行事)が多い年と感じているせいもあるのかもしれませんが、考えてみればこの世代は、ほとんどが学生時代60年安保闘争に関わりを持ち、併せて大学生協に関わってきた経歴の方々であり、したがって安保50周年に特別の思いを感じておられることが共通しているわけで、それが根っことなって、さまざまな周年や、節目の年と認識することが多くなっているのではないかと思われます。
私の例で申し上げますと、埼玉大学生協は50周年を、さいたまコープは埼玉中央市民生協として創立した年から40周年を、埼玉県内の地域生協が大同団結して事業統合を果たした年から30周年(組織統合は2年後)を、コープネットの事業連帯は任意組織東関東コープネットワークとしてスタートした年(法人化は2年後)から20周年を迎えます。
 否が応でも今年は、それぞれの歩みを振り返ると共に、自分の生協人生も振り返ってみなければならない年となっているわけでございます。

 おりしも、日本の生協運動は、これまで経験したことのない、全国的な規模での信頼の危機、経営の危機を迎えており、この危機は状況対応の頑張りで克服できるようなものとは思われません。
 私が関わってきた生協や事業連合でも、過去を振り返り、原点を見詰め直して、同時に、今後の環境条件についての真摯な検討の上に立って、方向性の見直し、転換の検討が必要になっているときではないかと感じております。
 まだ歴史というほど古いことではなく、自分自身を客観的に見詰めることも難しい業と思いますし、共に関わってきた人たちに失礼なことになる心配もあり、過去を振り返ることは容易なことではないと思いますが、この危機的状況を迎えるに至ったことについて無関心であったり、すべて現役の皆さんの責任として済ませているわけには行かないという思いがあり、OB仲間同士で交流し合いながら、過去の振り返りと原点の見詰め直しの検討を深めて行くことができればと願っております。
 とはいえ、今はただの一組合員、一常勤者OBの立場ですので、情報量が限られていますし、頭も眼も老化が進んでおり、心許ないことではございますが、自分なりに、自分流でできる範囲で取り組んでみようと思っておりますので、宜しくお付き合いをお願い申し上げます。

 もちろん、生協に関わる話題ばかりでなく、平和や環境、暮らし、地域、などなど、さまざまな話題で交流を広げて行く場でございますので、自由に、多彩に、投稿・寄稿、コメント、アクセスを広げていただきたいと存じます。また1年どうぞ宜しく。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。