コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「まちづくり協同組合『虹』」

[吉永紀明]
 数年前に、岡山県連主催の組合員活動交流集会に当時共立社理事長の山中 洋さんに来て頂いて講演をしてもらった。
 共立社と庄内医療生協が中心となって「まちづくり」を掲げて設立した「庄内まちづくり協同組合『虹』」についての話だった。
 山形の高齢化率は2008年10月1日現在で26,8%と、島根、秋田、高知、山口に次いで全国第5位となっている。県内でも鶴岡エリア(1市5町1村)では、1989年に65歳以上人口比率は15,4%~20,3%だったものが。2004年には鶴岡市の24,4%から温海町では32,3%と高齢化が進んだ。
 これに危機感を持った山中氏は「介護、福祉、損保、サービス、地産地消などの事業者で、異業種の壁を越えて、個別の事業者だけでは実現できない要求を、協力協同することによって解決を図ることが必要になっている」として、04年2月に事業協同組合として「まちづくり協同組合『虹』」を設立した。
 設立に参加したメンバーは「共立社(購買生協)」「庄内医療生協」「山形虹の会(福祉法人)」「高齢者福祉生協」「ファルマ山形(薬局)」「コープ開発(損保など)」「産直センター(農民連)」の7組織であった。

 その後の活動の状況を知りたいということで、先日11月29~30日の2日間岡山県生協連の18名の代表団で山形を訪問した。
 県連の岩本鉄矢会長、共立社の松本政裕理事長、庄内医療生協の松本弘道専務理事が、我々を温かく迎えてくれた。
 「虹」の最初の事業は、30人規模のケア付き高齢者住宅「虹の家こころ」(04年6月)であった。入居者の負担は、室料平均5,5万円(水光費、食費込み)、介護保険の利用料を含めても1ヶ月約8,5万円となっている。
 すぐそばに庄内医療生協の鶴岡協立病院があり、緊急の場合いつでも対応できる体制にある。
 鶴岡の大山地区は、旧鶴岡生協の活動の中心となっていたところであり、ここは組合員組織率が9割を超え、高齢化率も約30%となっている。この地区に05年4月「虹の家おうら」がオープンした。5万円台で暮らせる施設を実現した。これは、年金の範囲内で介護サービスも利用できるようにして欲しいと求められたことに応えたもので、全てのサービス込みで月額5万5千円にしたものです。
 これも7つの組織が、それぞれの特徴を生かして有機的に繋がって実現したものです。
 共立社は通所介護、福祉用品の供給、医療生協は介護支援事業、訪問介護、看護など、山形虹の会はグループホーム、訪問入浴など、高齢者福祉生協は配食、ヘルパー養成など、ファルマ山形は調剤、コープ開発は資金調達と住宅建設、改修を担当、分担している。
 最後に訪問したサポートセンター「あさひ」は規模は30室で現在27室に入居している。(07年12月オープン)。入居者は聞いてびっくりしたが、平均年齢は94歳で介護度4~5の人が中心ということだ。
 開設のときに、10万円も払えない。山菜を持ってくるので、3万円にしてほしいと言われたという。この山菜を朝市で売ったり、遠い地区の人には高齢協が配達しても良いと言われた。すぐ近くにある旅館跡も「組合員が協同で宿泊できたり、1階の駐車場はCOOPのミニショップにしたり、週末には赤提灯にでもしようかという話をしている」と松本専務は本当に楽しそうに話をしてくれた。
 「この活動も今は鶴岡と新庄だけだが、これからは山形市や米沢市の方にも広げていきたい」
 「ロマンも大切だが、赤字では長続きしないのでソロバンも大事にしたい。リアリズムとヒューマニズム両方の複眼的視点で、安心して住み続けられるまちを目指して、協同の取り組みを続けていきたい」と述べた。
 鳥海山と月山はすでに7合目付近から上は積雪で真っ白になっていた。
 協同組合が地域再生の中心となって活動している姿を目にして、こころがホノボノとするなかで、庄内空港から飛行機で飛び立った。

 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

吉永さんのホノボノされたこころが、私のこころもホノボノとさせてくれました。
地域の中での異種協同組合間の協同の優れた実践が、鶴岡から始まったことは以前から聞いていましたが、新庄へも広がっていることは初めて知りました。さらに山形市や米沢市へも広げて行きたいと構想されていることは素晴らしい事ですね。

小老朋友 | URL | 2009年12月06日(Sun)14:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。