コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

消費税増税予告付きの一回こっきりの定額給付。

[晴3]
問題の定額給付金の有効な活用が出来出来ないものか

私はこの定額給付金は思い切り人を殴りつけ重症を負わせた人が、その結果できた瘤や傷に1回だけ(薬)を貼ってやり(薬代)はあとから半永久的に徴収する様なものだと思います。消費税10%の話も出ています。こんなやりかたは汚いし、給付そのものと給付のやり方に反対だ。どだいこういう政治を許してきたのは私達国民でもある。

労働基本権規制緩和で増大したパート 非正規、派遣労働者。毎年2200億円の社会保障費の削減による高齢者、子ども、障害者などへの保障削減。こうして生まれた弱者に何もしなかったに等しい既成の大企業労働組合やいわゆる社会的組織に責任はないのだろうか。明日は我が身なのに「今さえ良ければ」「うちさえよけければ」といったことなのか。 

生活にかかわる組織が今や国民の多数になろうとしている非正規、派遣労働者、母子家庭、 一人暮らし、障害者等社会的弱者にたいし生活面などでどんなことをしているのか。どんな自立生活を支える役割を持とうとしているのか。具体的なことをしりたいと思う。

とはいえこういう設問はすべて自分にふりかかってくる問題として見ない訳にはいかない。
私もその一員だから。
しかし71を過ぎて年金生活者に出来ることはなんだろうか。考え込んでしまいます。
もともと税金は、所得再分配によって格差を是正し社会的セーフテーネットにより社会的公平を進める
ものだ。雇用確保の政策と社会保障は国の義務なのである。
しかし格差を是認する(「格差は結構」と堂々とテレビで述べる小泉首相の言辞、私は入院中のベッドでしかと聞いたので印象深い)政権下、所得税や株式配当税、法人税の上限率を大幅に下げ、税の所得再分配効果を先進国の中で最低なものにしてしまった。加えて消費税増税予告付きの一回こっきりの給付である。もうこうなればみんなでそれぞれにいろんなやり方で世直しするしかない。
その上で私の場合一つは続けてきた福祉等ボランティアによりコミットしていく。それを通して仲間と語り街づくりにかかわっていく。
二つは憲法九条と二五条を守る取り組みだ。
これらはコラボブログ仲間みんな同じ気持ちでやっているのでいうまでもない
三つめは 生協が高齢者等にどんな生活支援をしているか、そのシステムを組合員としてサポートすること。全国の具体的なことをしりたいと思う。
問題の定額給付金の有効な活用が出来なものか

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。