コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

共同のブログ「コラボ・コープOB」の開設にあたって

自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、――協同・平和をめざして

今、私たちの暮らしには、地球環境の崩壊、原油の高騰や食糧危機を背景にした物価高、年金や医療など社会保障の後退、雇用の不安定化の下での格差拡大、さらには、憲法改定や自衛隊海外派兵の恒常化の動きなど、心配事が山積しています。
日本の生協は、高物価や商品の安全性への不安から暮らしをも守ろうとする消費者(主として主婦)のニーズに応える事業展開と、組合員が「出資し、利用し、運営に参加する」協同の広がりによって、国際的にも注目される独特の発展を遂げ、今や地域社会の中でなくてはならない存在になってきました。
そして、今年4月に生協法の大幅な改正が施行され、日本の生協はこれまで規制されていたことを、かなり自主的に検討し自己決定できるようになったわけですが、それをどう生かして行くのかは日本の生協運動の今後に大きな影響を及ぼすと考えられます。
私たちは、日本の生協のこれまでの発展に、それぞれの大学や地域で関わり、貴重な経験を出来たことを誇りに思っていますが、今は既にリタイアして第一線を退き、生協とは一OB、一組合員として、ささやかに関わっています。
私たちは冒頭に述べたような情勢や日本社会のあり方を心配し、そのなかでの生協の健全な発展を願っています。年金生活者として、自由度な立場、自由な時間を享受しながら、ボランティア活動や平和運動に参加したり、趣味や生涯学習に喜びを見つけたり、OB同士で交流したりすることなどを生き甲斐としつつ、年相応に家族と自分の健康を大切にし、日々を大切に過ごしています。
こうした自分たちの現状と問題意識の下で、一人ひとりバラバラに考えたり行動したりしているだけでなく、交流し、意見交換し、他の多くの人々からも意見を伺える場を共通に持つことにしたいという願いから、この共同のブログを開設することにした次第です。
もっぱら自分の趣味の成果を披露することになる人も出てくるかもしれません。不揃いでも、多様性を認め合いながら、コラボレートして行きたいと願っています。
コメントをお寄せいただくことで、コラボレートの輪をさらに広げていただければ、真に幸いと考えております。
以下のメンバーでスタートいたしますのでどうぞ宜しく。
    2008年9月
石田静男、大友弘巳、加藤善正、斉藤嘉璋、坂元義範、
高橋晴雄、田辺準也、吉永紀明、米原俊夫
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よろしくお願いします。

米原さんより、お誘いを受けました。
よろしくお願いします。
今日、徳山ダムへいってきました。2年前とは様変わり。
営々ときづいて来たくらしが、わづか3ヶ月で水没
改めて、人間のエゴを思い知らされました。
これだけ自然を壊して、どのような社会を創ろうとするのか。ノスタルジーでなく、いま私たちが置かれている地球から見て。そんな思いに駆られました。
これからよろしく。  水野隼人

水野隼人 | URL | 2008年10月15日(Wed)23:43 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年02月09日(Thu)16:25 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016年10月21日(Fri)13:56 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。