コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生協と戦争、平和ーその歴史」4

斎藤嘉璋
第4回
第1部 戦前戦中の生協 4

(3) 太平洋戦争と敗戦=生協に壊滅的打撃
<徴兵、徴用、疎開、空襲 —>
 太平洋戦争がはじまりフランス領ベトナムからイギリス領マレー、ビルマ、アメリカ保
護領フィリッピン、オランダ領ボルネオなどへ侵攻した日本軍は、翌42年にはミッドウエ
ー海戦で敗北し、本土に初空襲を受けます。以降、アッツ島やサイパンでの「玉砕」など
負け戦が続きますが、大本営の嘘の発表と報道統制のもとで国民は戦争協力にまい進しま
した。
 徴兵された国民は41年200万人が44年500万人をこえ、敗戦時には696万人になりま
す。勤労動員されていた学徒は44年末「学徒出陣」になり、女性も女子挺身勤労令で12
歳~40歳女性に1年間の就労義務が課せられます(就労500万人)。一方、大都市では空
襲の延焼対策として建物疎開がはじまり、学童の農山村地への疎開もすめられます。
 生活必需品の統制強化で取り扱い物資がなくなるなか生協での働き手も徴兵、徴用で失
い、生き残っていた生協も窒息状態になりました。家庭購買は44年に入ると御用聞き供給
を停止しますが、店舗も建物疎開で壊されるといったなかで協同組合学校等の休校をふく
め全面的に事業を一時停止することになりました。
 45年、東京はじめ大阪、神戸などへの空襲が激化し、東京の下町で展開していた江東消費の活動区域は生協施設をふくめすべて焼け野原となり、東京の都心部から山手に展開していた家庭購買も多大な損害を受けます。神戸消費ではあいつぐ空襲で大半の支部と本部の建物や施設を失い、灘購買は空襲で本部等の建物や施設を失った後もバラックで仮事務所を建設しましたが「施設の70%を失い、組合員の80%が戦禍を受けて四散する」状況で敗戦の日を迎えることとなりました。
 44年11月からの全国各都市への空襲とその激化は国のリーダーたちに”敗戦必至”を認識させていったはずですが、45年に入っても軍部と政府は「本土決戦」「一億玉砕」をかかげ、沖縄での島民を犠牲にしての地上戦、ソ連参戦と引き上げや抑留の悲劇、ヒロシマ・ナガサキへの原爆投下と悲惨な犠牲など、さらなる悲劇をうみだしたうえに「ボツダム宣言」を受諾して8月15日終戦となります。
(資料)
・1940年(戦前のピーク時)の日本の生協
   調査組合242組合 組合員数40.3万人、供給高7,452万円、
 1943年の主要生協
   家庭購買     組合員25,530人  供給高564万円
   神戸消費         8,690人     88万円
   灘購買          9,780人     227万円
(つづく)

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

生協と戦争、平和―その歴史 3

第3回
第1部 戦前戦中の生協 3

3、満州事変から日中戦争へ――思想的政治的弾圧
 昭和期に入ると日本は満州事変(1931年)を起こし”15年戦争”の時代となります。
32年上海事件、満州国建国、33年国際連盟脱退と中国華北への侵攻、そして36年2・26
事件と侵略戦争と全体主義=ファシズムへの道を邁進することになります。
 37年、盧溝橋事変から日中戦争となり、南京大虐殺事件など日本は侵略者として国際的
な非難を受けます。この満州事変から日中戦争開戦までの間に、思想的政治的な取締り強
化を目的に制定された治安維持法と警察力によって、当局に反体制的とみなされた団体や
個人とともに関消連や東京学消などの生協は弾圧され、解散させられていきます。

(1 ) 関消連、東京学消への弾圧強化、解散へ
 関消連は毎年、産業組合中央会が取り組まないICA提唱の「国際協同組合デー」に取り
組みましたが、1928年の国際協同組合デーの集会等の行事は治安維持法に基づく警察の判
断で禁止されます。関消連は翌年の国際デーに「帝国主義戦争反対」のスローガンを掲げ
ますが、当時の生協では唯一のことでした。戦争反対をうたっていた共産党なども解散状
態であり、関消連も以降、公に反戦を掲げることはありません。しかし、1932年の「米よ
こせ」闘争で成果を上げ、日消連として組織が拡大すると幹部の拘束など弾圧がいっそう
強まりました。
 日消連は1934年の全国大会で全代議員が警察に検挙、拘束され、37年には、日消連幹部20余名がいっせいに検挙されます。そのような弾圧が続くなか38年、活動の中心であった
関消連は弾圧により、ついに解散させられます。関消連傘下の共働社や城西消費などは家庭購買へ組織統合し、生き残りをはかることになります。
 東京学消も満州事変以降、特高警察の干渉が激化、学生の検挙が続きました。たまたま
ですが、私が早稲田大学生協の専務理事に就任した40年ほど前のことですが、戦前の学消
の学生委員だった当時の自民党の石田博英議員に「警察に世話になったことのない者が
専務とはおかしい。僕たちのころは組合の店にいるだけで警察にひっぱられ、つど賀川組
合長に引き取ってもらったものだ」という話をうかがいました。当時は早稲田では新聞部
も雄弁会も解散させられ、学消だけが学生のあつまる場であり、その店にいるだけで”危
険分子”とみなされたそうです。
 このような弾圧で36年、法政、明治支部事業停止、37年早稲田支部、40年東大赤門支
部が解散しますが、その解散は治安警察法による強制で、産業組合法による解散手続きは
その後にやられました。(つづき参照)

PageTop

「生協と戦争、平和―その歴史」第1部ー2

第2回
第1部 戦前戦中の生協-2

2、「新興消費組合」の誕生と発展
 大正期に入ると第1次大戦が勃発(1914年)、日本はドイツ領の青島占領、ロシア革命(17年)があり、日本はシベリア出兵をし、国内では米騒動が起きるといったなかで労働運動なども盛んになります。
 1889年(明治22年)に制定された大日本帝国憲法では「大日本帝国は万世一系の天皇之を統治す」とし、国民は天皇の「臣民」であり、主権者ではなかったのです。議会は開設されていましたが選挙権は一部の富裕層に限定され、婦人は選挙権がないだけでなく治安警察法で政党など結社への参加なども禁止されていました。
 そのようななかで吉野作造が「民本主義」をとなえ、普通選挙権、婦人参政権の要求運動などが盛り上がり、「大正デモクラシーの時代」と呼ばれました。婦人参政権獲得運動では、のちに生協運動にかかわる平塚らいちょうや奥むめおが市川房枝などと新婦人協会を結成してがんばります。
 1925年、普通選挙法(男子のみ)が制定されますが、同時に治安維持法が制定され、以降、共産党や運動団体、個人への弾圧が強化されます。治安維持法は治安警察法に上乗せして個人の思想まで取り締まるもので、その権限を持つ特高警察は憲兵隊とともに戦争遂行の尖兵となります。
  
(1) 家庭購買組合など市民生協の特徴
 <婦人の参加やプライベート商品など>
 大正デモクラシーの機運が盛り上がるなかで1919年、吉野作造を理事長とする家庭購
買組合が東京のキリスト教関係者を中心にして設立されます。
 家庭購買では“組合員主義”のもと婦人部を設置、啓蒙誌「ホームユニオン」を発刊する
など婦人の自覚と社会参加を促す活動を進めました。商品や生活問題の講習会などのほか
文化活動として毎年「団らんの夕べ」を日比谷野外音楽堂で開催し、1933年には1万人を
超える盛況でした。事業面では関東大震災後、店舗を広範囲に展開、「地域一番店」をめざ
し家具や呉服なども扱い、都内にチェーン展開しました。店では生鮮食品を扱い、組合印商
品(現在のコープ商品)の開発など生協らしい取り組みを展開しました。
PageTop

生協と戦争、平和―その歴史(1)

斎藤嘉璋
第1回

生協と戦争、平和―その歴史
<平和とよりよい生活のために>


<はじめにー歴史に学ぼう>

 戦後70年にあたり安倍首相の「首相談話」は韓国、中国をはじめ世界の国々の注目を集め、その後久しぶりに開かれた日中韓首脳会議の共同声明でも冒頭に「歴史を直視し」とうたわれました。安倍首相の「談話」は「歴史を直視」したものとは考えられないものでしたが、一方で私たち自身も戦争の歴史について振り返り、教訓を学ぶ必要があると考えました。いま歴史認識で問題になっているのは特に中国や韓国などとの関係なので、日清・日露戦争の明治期から、生協の歴史でいえば日本に最初の生協が誕生したころから振り返ってみたいと思います。
 私は初代会長の賀川豊彦が亡くなった年に日本生協連に入職しましたが、当時の木下保雄専務理事(戦前、家庭購買組合で働き、戦中は全国消費組合協会に勤務)に「日本の生協の歴史は誕生以来、戦争に強く影響され、翻弄された歴史だった」と聞かされました。その後、日本の生協運動史の編纂などにかかわり、そのことがわかり、賀川さんや中林貞男会長が「平和希求こそ生協の理念」と強調していたことが理解できました。
 日本に最初の生協が誕生したのは1879(明治12)年です。明治期には日清戦争、日露戦争があり、その影響を受けながら地域、職域の生協だけでなく共済、医療など各種生協が誕生しました。一方で労働組合と一体だった労働者生協は解散させられました。大正期には第1次大戦後の恐慌や労働運動の高揚などと大正デモクラシーといわれる潮流のなかで、コープこうべなど現在につながる市民生協や労働者生協が誕生しました。
 生協と戦争の歴史を考える場合、もっとも大きな影響があったのは、満州事変(1931年)から始まる15年戦争で、そのもとで生協の諸活動への政治的締め付けが強まり、労働者生協や学生生協などが解散に追い込まれ、太平洋戦争(1941年~)に入ると市民生協群も組織・事業のすべての面で戦時体制の締め付けを受け、最後には空襲等の直接的な被害もあり、壊滅状況になります。
 第1部「戦前・戦中の生協運動」では、簡単に日本の生協の創成期、明治期にもふれて太平洋戦争まで(戦前)と太平洋戦争期(戦中)の戦争と生協の歴史の特徴について述べます。 第2部「生協の平和活動の歴史」では、その戦前・戦中の教訓から「平和とより良い生活のために」を基本理念にして発展してきた生協の平和活動の特徴を述べます。
 生協はなぜ戦争に反対し、反核・平和の活動に取り組むのか?この歴史に学ぶことで理解がふかまることを期待いたします。
第1部 戦前・戦中の生協運動

PageTop

本ブログの再開について

本ブログは2年ほど前から、新たな記事の掲載をやめていました。大変申し訳ありませんでした。
このたび、共同運営者の「かしょう」が管理人を代わり再開することにしました。
あらためて、生協OBの共同ブログとして、生協関係の皆さんが投稿、閲覧、交流に参加されることを期待いたします。

再開、第1号として少し長い論文ですが斎藤嘉璋の「生協と戦争、平和ーその歴史」を掲載します。
安倍政権の「戦争のできる国」を目指す動きが急ななかで、参考にされることを期待します。

第1回・目次

生協と戦争、平和――その歴史

第1部 戦前戦中の生協の歴史
1、 日本の生協の創成期
2、 「新興消費組合」の誕生と発展
(1) 家庭購買組合など市民生協の特徴
(2) 労働者生協と関消連、東京学消など
(3) 組合員活動、家庭会・婦人部活動の特徴
3、 満州事変から日中戦争へ―思想的政治的弾圧
(1) 関消連、東京学消への弾圧強化、解散へ
(2) 香川豊彦等への思想的政治的弾圧
4、 日中戦争から太平洋戦争―戦時統制の強化と生協
(1) 組織統制―政党も労組も解散、個人の自由はなし
(2) 経済統制―生協事業の自由喪失
(3) 太平洋戦争と敗戦―生協に壊滅的打撃
5、 戦争の時代と生協


第2部 生協の平和活動の歴史
1、“平和”は日本の生協の理念
2、原水禁運動の最初――生協の婦人組合員の取り組み
3、生協の反核・平和活動の歴史
 (1)日本生協連中心の反核・平和の取り組み
 (2)統一原水禁運動への参加
 (3)原水禁運動の再分裂―生協独自の取り組み
4、生協の平和活動の特徴
  (1)母親の立場から、被爆者とともに、世界の人々と
  (2)なぜ“平和”かー最近気になること

(中)この小文は、いばらきコープの「コープまなびの場」での講演(2015年1月)を
   もとに加筆したものです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。