コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国生協訪問記

斎藤 嘉璋

意欲的で元気なICOOPグループ
 9月17日から3日間、韓国を訪問した。拙著「現代日本生協運動史」(新書版)の韓国版が出版されたのを機会に、翻訳・出版をした韓国の生協グループ・ICOOPが企画した研修会に講師として招かれたためである。
 韓国には1987年と1995年に訪問しており、今回が3度目である。87年の時は市民生協グループの有志の企画だったが、皆さんとは別に私は初めて日本生協連の幹部が訪問したということで韓国消費協同組合中央会で日本の生協の現状について報告、交流した。当時、生協法制定要求運動が始まっており、日本の生協法とその規制条項などに関心が高かった。2度目の95年は「韓国平和の旅」の企画であり、生協も訪問したが、植民地時代の施設見学や慰安婦問題などの交流だった。
 今回は講演をしたICOOPグループの役職員研修会の前後に施設見学と幹部との交流ができた。もう15年以上も前のことなので前回と比較するのは問題かもしれないが、今回の第一印象は韓国の生協は「元気で、意欲的だ」ということだった。

01-韓国 講習会全体
ICOOPでの講演会風景(講師は折戸さん)

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。