コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「農を変えたい!東北集会inあきた」へ参加して

[加藤善正}
 1月28・29日、秋田県大潟村で開かれたこの集会へ参加したが、その状況と感想を記して今東北の農民や地域の人びとの思いを感じて欲しいものである。
 この集会は今回で7回目で、山形・秋田・岩手・宮城・福島・山形・秋田と青森県を除き持ち回りで毎年1回、有機農業に取り組む生産者やそれを支援する消費者・行政・研究者などが、有機農業を軸に東北の農業の再生を図ることを願って開催している。各県からの呼びけけ人(岩手県からは私も入っている)と開催地を中心に実行委員会が手弁当で主催してきた。今年は「TPPや震災復興,原発事故と東北農業の再生」というテーマを加え、東北や関東などからの参加者250名が熱い議論や実践交流を行い、極めて有意義な集会となった。

 集会は被災地からの報告として、岩手県岩泉町の栄養士の被災者からのヒアリングを中心とした生々しいリポート、福島県有機農業ネットワークの代表、菅野正寿氏の確信に満ちた放射能被害地における実践報告があり、秋田県立大学の谷口吉光教授の「脱原発の東北像を描くー四つの主張」という問題提起があった。その後、東大・鈴木宣弘教授の「TPPは間違っている!」の熱弁が続いた。
 

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

「生協も『脱原発』へ」と「リベラル21」で紹介

[管理人 少老朋友]

ジャーナリストの共同のブログ「リベラル21」に、岩垂弘氏が「生協も『脱原発』へ」と紹介する記事を掲載しています。
下記のURLをクリックすればご覧になれます。
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-1865.html

PageTop

「2012年全国政策討論集会」の感想と問題意識のズレ

[加藤善正]
 このブログをご覧頂いている皆様、今年も宜しくお願い申し上げる次第である。100枚を越える年賀状では「おめでとう」と書きながら、今年ほど新年が「おめでたく」感じなかった正月は無かった。東日本大震災(地元の新聞にはこの災害のネーミングをこのように呼ぶことへの批判が多く、「平成三陸大津波」と呼ぶほうがよいという提言があったが、私も「東日本」という表現には違和感があるが・・・)による2万名近い死者・不明者の無念の死と一瞬にして「衣・食・住」を失い、「医・職・住」の先行きに目処がたたない多くの犠牲者の身に思いを寄せる時、「おめでとう」という気持ちが萎えて仕方が無かった。加えて、国民の声を無視して「TPPへの参加」「税と社会保障の一体改革」(一体改悪)「原子力ムラに巣食う輩の無反省な態度と再稼動の策動」「民主党内閣の防衛大綱・武器輸出3原則の緩和」「衆参院の憲法審査会の始動」など、新年を迎えた今年の我が国の姿は、民主主義を大きく後退させる出来事が目白押しという状況である。
 しかし、このおめでたくないこれからの1年を決して諦めることなく,99%の人びととの連帯を固めて、1%の人々が権力を振りかざして進める「利潤の最大化」の醜い策略と真正面から闘う決意に燃えた新年でもあった。

 
PageTop

「アークスグループ」の「八ヶ岳連峰経営」に思う

[大友弘巳]

 北海道のアークスと東北(青森県)のユニバースの経営統合について
 昨年秋、朝日新聞に、「地場スーパー再編 進む―北海道のアークスと東北のユニバース統合」という記事が大きく報道されました。
 また、12月に発売された雑誌「食品商業」の2012年1月号に、「リージョナルのポテンシャル」という特集が組まれ、その冒頭に「アークス」が紹介され、そこでもユニバースとの経営統合が主要な話題となっています。
 アークスとユニバースの場合は同じ食品スーパー同士の統合ですが、朝日新聞で、他の事例として挙げられている、「四国のマルナカが、イオンの傘下に入って役員の派遣を受け、子会社となる」や、「大阪の近商ストアは、セブン&アイ・ホールディングスの資本参加を受け、物流や調達の共通化を図る」などは、二つの巨大流通グループの子会社またはグループ会社となる形での再編でした。
 こうした再編が進む背景として、高齢化や人口減が進み「市場の縮小」が進んでいること、大手スーパーとの競合に加え、コンビニや薬品チェーン、百円ショップなど「異業種との競争激化」、デフレ傾向が続き値下げ競争を強いられる、店舗の改装、IT化投資にも多額の金が必要、創業者が引退する年齢にさしかかって「後継者難」に悩んでいること、などが挙げられており、それらはほとんど日本の各地の生協にとっても共通している問題です。
PageTop

つなげよう笑顔 ーさいたまコープの震災復興支援ー

寄稿

[西村一郎]

生協組合員の声が復興の励みに
  「石巻市の海岸にある水産物の加工工場は7mの津波に襲われ、1階は全て流されました。
 それでも2階に置いた高価な機械はかろうじて残ったので、余震の続く中で復旧工事をし、11月から製造を再開できました。まだ生産量は被災前の10分の1ですが、少しずつ進めたいと思います。各地の生協の組合員さんからは『待っているよ』とのメッセージをたくさんいただき、大きな励みになりました。生協さんとは30年近い付き合いで、弊社は組合員の皆さんに育てていただき、ご縁があって本当によかったと思っています。震災のあった石巻で初心に帰り、より美味しいものを頑張って作っていきます。引き続きよろしくお願い申し上げます」
 水野食品株式会社専務取締役の水野茂さんからの報告で、作業服を着た水野さんは、ゆっくりと丁寧に話していた。2011年11月6日の広大な「さいたまスーパーアリーナ」の会場で、メインステージで開催された「復興へのとりくみ報告」である。
 前日から東日本大震災復興支援を目的に、さいたまコープと首都圏を中心の8生協が加盟するコープネット事業連合が主催し、「つなげよう笑顔」をテーマにした「コープフェスタ2011」が開催となっていた。取引先の約100社を含む約250団体が参加し、医療生協さいたまが主催する「健康フェスタ」も同じ会場であり、2日間で約10万人が訪れた。なお来賓として、上田清司埼玉県知事、清水勇人さいたま市長、井戸川克隆福島県双葉町町長、伊礼幸雄沖縄県伊平屋村村長も来ていた。
PageTop

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

         今年は、国際協同組合年
これまでを振り返り、協同組合のありかた、協同組合間の連帯協同など、「コラボ・コープOB」の場でも共々考え、交流して参りたいと存じます
       
     文字年賀辰

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。