コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

行く年 来る年、 新年への思い

[加藤善正]
 今年もあと3日で終えようとしている。私は今日が御用納めで明日から新年4日まで休む予定である。とはいえ、明日は盛岡市民生協創立まもなく入協して、店長や初代労組専従になったかつての部下(享年73歳)の葬儀があり、正月気分にはなれそうもない。しかし、愚息も久しぶりに帰省するので楽しみは多い。今年は昨年とは大違いで12月にまとまった雪が降らず、元旦からのウオーキングも出来そうである。
 さて、行く年2001年は3月11日のM9の大地震により、岩手の美しい陸中国立公園地帯を襲った大津波は、文字通り1000年に1回ともいうべき猛烈で巨大な威力を見せ、市街地も小さな漁村もあらゆる家屋・施設も漁業・水産業施設も一瞬にして呑み込み、7千人近い人びとの尊い命を奪った。肉親を失った多くの住民の悲しさと無念さ、財産や職場を失い先行き不安に打ちのめされた人びと、避難所から仮設住宅に移ったものの辺鄙な場所で、寒さと隣家の声が筒抜けになる住環境は、「安全・安心」はもとより人間としての「尊厳」も揺らいでいる。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

2011年の年末に思うこと

[haru3]

疎開させよ」…お母さんたちの呼びかけ 
 「私の子供・目の前の子供たちを疎開させてください。」 自らが立ち上がらなければ、子供たちを守れないと、覚悟を決めた高濃度地域の福島のお母さんたちが立ち上がった。その呼びかけはメールに乗って全国を駆け回った。首相あてのメールを打ったときは7万人だった。2万人が目標と記されていた。私は限りの友人に「応えませんか」と呼びかけると次の日に10万をこえていると返事がきた。心の中にかすかだが希望の灯がちらついた。
 しかし民意から離れて進む日本の政治 (民意を反映しない政治。言葉のレソリック(トリック)で、民意をかわしながら、)ついにアメリカに120%奉仕し、農業にのみならず、医療、保険などあらゆる分野の自由化を進めようとしている。すでに食料の自給率は40%になり、ついで国民皆保険制度や医療・郵政を開放によって破壊することになる。一方、民意などそっちのけで「原発の輸出」「武器三原則の緩和を国際約束している。沖縄基地の強化を進め、またもや、沖縄県民の「切り捨て」の道を歩みだした。

PageTop

2011年を振り返って

[大友弘巳]

 <私にとっての、この1年の大きなできごと、三つ>
 この1年を振り返ると、私だけでなくどなたにとっても、「東日本大震災と福島第一原発の重大事故」が最大のできごとだったのではないかと思われます。
 大震災の災害、とりわけ巨大津波の猛威をテレビ画像でリアルタイムに見聞したこと、水素爆発で崩壊した原発の建屋の映像(先日のNHKスペシャル「原発メルトダウン」で当時の真実が明らかにされました)、そして、7月上旬には宮城県と岩手県、8月中旬には福島県の被災地を訪問する機会を得て、自分の眼で確かめた災害の状況など、忘れられないものとなっています。
 9月19日に開催された「さようなら原発集会」にOB仲間と一緒に参加して、かつてのデモとは違う雰囲気のパレードを体験したことも、感銘深いことでした。
 二つめは、被災地の生協の活躍と、全国の生協による震災支援活動の取り組みです。
日生協の震災支援活動専用ブログが開設されて、情報交流がなされるようになったお陰で、被災地の各生協の頑張りも、全国の生協からの支援活動の様子も、迅速に見聞できました。
PageTop

児童虐待について

[吉永紀明]
 岡山市内で、1歳6ヶ月の娘が肺炎に罹っているのに、医師の診察を受けさせないまま放置したとして、21歳の夫と22歳の妻の二人が逮捕された。
 二人は経済的事情を理由に、保育園を退園させた一方で、ローンで購入した車2台を所有していたこともわかった。また、生まれつき病弱な娘にもかかわらず、昨年4月以降病院に受診させず、育児を放棄していたようだ。
 このような育児放棄や児童虐待の新聞報道が、毎週全国のどこかで起こっているように思う。
 2010年度中に児童相談所が対応した児童虐待相談は5万5154件で、過去最多を更新したそうだ。そのうち身体的虐待が21,133件、保護の怠慢・拒否が18,055件となっている。
 ちなみに、2009年は44、211件、2008年は42,664件、2007年は40,639件となっている。
 2010年に虐待で死んだ子どもは49人で、ほぼ1週間に1人の子どもが命を落としている。
PageTop

首都圏3生協「合併協議」検討状況報告を読んで

[大友弘巳]

「合併協議」のポイント3点
 さいたまコープの組合員向け広報誌「にじのひろば」12月号の「理事会だより」に掲載された理事長の挨拶の中で、「組織合同の協議については、この間『将来にわたって役に立つ生協のありたい姿』について検討をいただき、より大規模になっても運営のきめ細やかさをどう徹底していくのか、生協としての価値をどう高めていくのか、『私の生協』という実感を大事にしていくための活動のあり方などを話し合ってきました。」と述べ、あらためてポイントになっている点として、以下の3点を挙げています。
 1点目は、改正生協法に込められた「社会から生協に期待されていること」にしっかり応えていくことです。地域社会への貢献はコストもかかることなので、だからこそコスト構造を変え、事業革新をすすめ、首都圏共通の課題に挑戦していくことを通して将来にわたって利用し続けることのできる生協をめざしていきます。
 2点目は、事業連合と単協の役割分担では期待に応えきれず、事業と運動を一体のものとして総合力を発揮する組織へと「前にすすむ」ことが必要と考えています。
 3点目は、地域が広がり規模が大きくなることは、役立ち度を高めていく条件ですが、地域に根ざして「私の生協」が実践されて初めて生協への期待も高まるといえます。県内においても、8つの地区を基本にきめ細かい運営を目指していきます。と。
PageTop

TPP参加反対の闘い、これからが正念場

[加藤善正]

11月12~13日のAPEC首脳会議において、野田首相は「TPP参加国との協議を開始する」という表現で、実質的なTPP参加を表明した。民主党内での反対を押さえ込むための「TPP参加問題民主党PT]を重ねて、「参加国との協議開始」という表現を使い、参加による諸問題や影響についても、政府が入手している情報も隠蔽して、国会や国民に対する正面からの説明を一貫して拒否しながら、ごまかしと詭弁による「国益」という抽象的な言い訳で強行している。アメリカの公的発表に対しても「言っていない内容で抗議しアメリカもわかってくれている」とごまかし、アメリカの「訂正しない」という態度に押し切られている状況からも、これからの交渉は先が見えているともいえる。

国論が二分している、ともいわれるが、世論調査の賛否が二分しているものの、「解らない」という回答が一番多いし、47都道府県知事で賛成者は6知事に過ぎない。また、市町村議会の80%以上が反対もしくは慎重にという地方自治法による正式な「意見書」を提出しているし、これは面積的には全国の90%の地域が反対・慎重に収斂しているともいえる。

PageTop

衆参院の憲法審査会、議論始まる

[加藤善正]

11月19日に開かれた「第4回九条の会全国交流会」に参加しましたが、今回の交流会は衆参両院における「憲法審査会」の発足と議論の開始という改憲勢力の新たな策動、東京電力福島第1原発事故と放射能被害という緊迫した情勢下で開催されました。最近の国会情勢やこの交流会に対する私の意見や感想は、「平和憲法・九条を守る岩手の会ニュース」「全国生協組合員ネットワークHP]への投稿文を添付しますので、ご覧頂きご批判をお願いします。

平和憲法・9条を守る岩手の会・ニュース
平和憲法・九条を考える全国生協組合員ネットワーク・HP  寄稿文

憲法審査会の始動・脱原発の取り組みと憲法
    ―確信を持てるまでの学習・話し合いを大切に―
                      岩手県生協連  加藤善正

国民の反対を押し切って「国民投票法」が制定されてから4年半、「憲法審査会」がついに始動し始めました。10月20日の臨時国会冒頭、衆院(50名)、参院(45名)の審査会委員が選任され、衆院は大畠章宏(民主)、参院は小坂憲次(自民)議員が会長に選出。両院での議論が開始され歴史的な「改憲」の政治的取り組みがスタートしました。
PageTop

生協のアイデンティティを再確認し ―あいコープみやぎ― 

「寄稿」

[西村一郎]

Wa!わぁ祭り
 「ドドーン!ドドーン!」

 揃いの半被を着た若者たちが、会場内に太鼓の音を響かせた。老いも若きも参加した、閖上(ゆりあげ)太鼓保存会のメンバーであった。今回の震災では、大きな被害のあった宮城県の南東部の地で活動している。
 全体が太鼓で盛り上がり、次は「あいコープみやぎ」理事長の吉武洋子さんから挨拶があった。
 「みなさんの支援のおかげで、やっとここまできました。福島原発の事故は冷温停止になったのでもう収束したと思っている方もいるかも知れませんが、決してそうではありません。私たちは蟷螂(とうろう)の斧(おの)かも知れませんが、危険な原発に依存しなくて安心して暮らすことのできる社会のために、これからも元気に取り組んでいきましょう」
 次の挨拶は、取引先の協議会である共生会の橋英雄会長であった。
「私どもの3つの工場が津波でダメになり、もう立ち上がることができないと思ったこともありました。それでも各地の生協からご支援を受け、再スタートの目途がおかげさまで立ちました。生協が素晴らしい組織であることが、この震災で良くわかりました」
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。