コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「新しい生協をめざして 検討報告」への疑問の補足と、事業連帯に関わる感想2点

[大友弘巳]

 このブログの9月23日付けのページに掲載した「首都圏3生協の『新しい生協をめざして 検討報告(案)』への疑問」で触れきれなかった点の補足と、近畿の事業連帯について、及び、コープネット理事長からの最近の提起に関しての感想を紹介させていただきます。

「社会的転換点に立ち」というなら、原発問題・エネルギー問題の検討こそ踏まえる必要があるのではないでしょうか。
  ~「合併をめざすことが必要である」という考えは妥当と思えません

  「新しい生協をめざして 検討報告(案)」によれば、8人の理事長・専務理事で構成する「組織合同協議会」の議論の中で、合併を進めるべき論拠の一つとして「東日本大震災を経て東日本の復旧・復興にとどまらず日本の将来の形が議論されるという社会的な転換点」という認識に立ったことが挙げられています。
  しかし、なぜか、東日本大震災だけが取り上げられて、組合員にとってさらに関心が高いと思われる福島第一原発の重大事故のことは、そこでは取り上げられていません。日本が原発の問題・エネルギーの問題についてこれからどうするのかは世界から注目を浴びており、日本の将来の形が議論されることにつながる重大な問題という点では大震災以上に大きく、重いはずと思われます。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

日生協・日本のエネルギー政策を考える~論点整理・資料集~の問題点

[加藤善正]
大友さんの首都3生協の合併問題に関する論文は極めて今日的な「生協運動論」であり、現役生協人だけでなく多くの皆さんに是非読んでもらい一緒に考えることができる貴重な提言でもある。いわて生協の常勤役員にもコピーして渡した。
さて、9月28日、北海道・東北地連運営協議会があり、東京電力福島第1原発事故後注目の「日生協・エネルギー政策検討委員会」が作成した「論点整理・資料集」による第1回の議論が行われた。委員会は「まず学習と論議が必要との認識から、必要な基礎的な情報の収集を行い、15の論点にまとめました。15の論点のすべてについて結論を出すことにはなりませんが、論議を進めていくために考えられる論点を可能な限り掲げて整理しました。この資料も参考にしながら、是非様々な場での学習と論議を広げていただきたい」と呼びかけている。芳賀専務は他の地連ではこのパンフの評価が高く、是非北海道・東北でも学習を強めて、意見を寄せて欲しいと強調した。また、このパンフの表紙には、風車と太陽光パネル・ひまわりの写真が使われており、もう、この写真によりこれからの方向性を決めているのではないか、という声も上がっている、と紹介した。
PageTop

イギリスの生協の復活の原動力     ~ もう一度社会性をもった運動にチャレンジ

[大友弘巳]

 はじめに
 去る10月3日、「日本型生協の現在と未来~イギリスと日本の協同組合史から考える」と題する関西大学教授杉本貴志氏の講演を聴く機会がありました。この講演は、日本生協連に働く職員の皆さんの自主的な学習組織「協同組合塾」の例会で行われたもので、OBも自由に参加できると聞き、演題に惹かれて参加した次第です。
 これまで、イギリスの生協の復活の要因については、2009年11月に訪欧した欧州生協視察団の報告として日本生協連の芳賀専務がまとめられた4点(「生協運営資料2010年3月号」に掲載)が定見のようになっていたと思われます。
 ① 生協の統合がうまく進み、一国一生協化に向かって急進展していること。
 ② 店舗戦力の大胆な転換(郊外大型店から100坪程度の小型店へのシフト)。
 ③ ブランド統一と店舗イメージの一新。
 ④ 倫理的企業としての事業ポジションの明確化。
 その中でも、④として「倫理的企業としての事業ポジションの明確化」が挙げられ、具体的事例もいくつか紹介されていたのですが、①、②の印象が強く残り、④についての注目が不十分だったことに、今回の講演で気付かされました。
PageTop

「フインランドという国と社会的存在としての生協」

「寄稿」

[岡本好廣]

 10月4日に生協総研主宰の「躍進するフインランドの生協に学ぶ」という公開シンポジュウムが日生協で開催された。講師はフインランド生協連国際部長アンネ・サンタマキ氏である。フインランドと同じように北に位置し、人口もほぼ同じである北海道のコープさっぽろが連携を深めており、その招待で来日され、引き続き札幌で講演や組合員の集まりに参加される予定である。いいお婆ちゃんという感じの同氏は多彩な資料を使ってユーモアたっぷりに話しをしてくれた。
 事前に大友さんから講演の内容を纏めて原稿にしてほしいと頼まれていたが、表が中心の資料も膨大である。追って生協総研が『生活協同組合研究』に掲載するということでもあり、ここでは標記のテーマで紹介することにしたい。

1.意外に知られていないフインランド
 私はこの国を実際に訪れたのは2度に過ぎないが、行くたびに好きになって研究を続けてきた。08年、09年と2つの研究会で「フインランドの民族と社会・経済・文化」と題して報告をした。その報告を通して気付いたのは日本では意外とフインランドが知られていない、或いは間違って理解されているということであった。
PageTop

医療と介護で復興支援   松島医療生協

「寄稿」

[西村一郎]

松島医療生協の概要と被災状況
 1971年に創立した松島医療生協は、宮城県の松島町を中心にして東松島市・石巻市・大郷町などを対象地域とし、2011年3月末現在で6396名の組合員がいる。正規職員38名と臨時パート21名の計59名で運営しており、医療事業と介護事業の収益は合わせて3億8651万円になっている。震災前は、松島町の海岸から少し入った場所で、医科や歯科を備えた松島海岸診療所と、訪問看護ステーション「まつしま」を運営し、東隣にある東松島市野蒜(のびる)には、デイサービス「なるせの郷」と介護相談センターを設置していた。
 昔から風光明媚な観光地として知られている松島町は、穏やかな海にいくつもの島々が浮かび、その間を遊覧船が走り、また青空をカモメが飛んでいた。観光客も戻りつつあり、半年前に襲った津波の痕は、半年たつとほとんど見ることができない。町が湾の奥にあり、かつ前に浮かぶ島々が防波堤の役割を果たしたのだろうか。それでも2階建ての松島海岸診療所は、1階に大量のヘドロを含んだ海水が流入し、多数のカルテ類を汚し、また高額なレントゲンなどの医療機器を使用不能にした。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。