コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本経団連の米倉会長に抗議を!

「寄稿」

[池上 武]

日本経団連の米倉会長は3月16日、都内で記者団に対し、日本の原子力技術を称賛する会見を行った。

以下、北海道新聞(2011年3月17日朝刊)が報道した記事

原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」
経団連会長が発言


日本経団連の米倉弘昌会長は16日、東京都内で記者団に対し、福島第1原発の事故について「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と述べ、国と東京電力を擁護した。
米スリーマイルアイランドの原発事故を上回る重大事故との見方が強いだけに、発言は波紋を広げそうだ。 
米倉会長は事故は徐々に収束の方向に向かっているとし「原子力行政が曲がり角に来ているとは思っていない」と発言。「政府は不安感を起こさないよう、正確な情報を提供してほしい」と話した。

 私は友人からこのことを知らされ、ビックリした。早速北海道の友人に送ってもらったのが上記の「道新」記事である。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

地元埼玉でできる被災者支援活動の模索

[大友弘巳]

 「日本生協連 震災支援活動ブログ」が3月15日に開設されたことにより、全国の生協からの支援活動が急速に広がっていることが日々詳細に伝えられるようになりました。
 「お互い様、災害の時には助け合おう」「被災地域の生協の復興を支え合おう」という団結力が力強く発揮されていることが感じられ、大変うれしいことです。
 とくに、コープこうべからの支援部隊の皆さんの活動開始の素早さ、行き届いた準備と対応など、阪神淡路大震災でのご苦労の経験を生かして活躍しておられる様子に、被災地支援活動の先駆者としての頼もしさを感じています。
 支援部隊の皆さんは、被災生協の事業の復旧のための応援だけではなく、被災生協が困難の中で進めている被災住民・組合員への救援活動にも、一緒になって懸命に取り組み、地域の住民・組合員の皆さんから感謝されている様子がたくさん伝えられています。
 巨大災害に際して生協が、連帯の力で他の流通業とは違った暖かさと強さを持って支援活動に取り組み、社会的役割発揮を示していることは、「被災地に生協あり」「生協は一つ」と多くの人々に受け止めていただけることに繋がっていくものと思われます。
PageTop

東日本大震災報告ーその3

[加藤善正]
 東日本大震災から2週間、昨日25日になってやっと現地、釜石市・大槌町・山田町・宮古市へ行くことができました。テレビや写真では見ていましたが、津波被害の恐ろしさ、大きさを実感してきました。地震で壊れた家屋はほとんど見えず、すべては巨大津波の被害です。釜石市役所生協の理事長や職員に会いい見舞いと同時に市役所の現場を見ましたが、電気もつかず人影も無く生協の売店は水びたしです。市役所は駅近くのシープラザという施設に移り、災害本部にもなりごった返しの状況です。野田市長にも会いお見舞いと激励の挨拶をしましたが、市役所生協を通じてのコメの支援や、いわて生協の支援物資の配送や炊き出しに感謝をされました。市街地は道路から瓦礫を除いて車がやっと通れましたが、1~2階まで水に浸かった商店街は復旧の見通しなどまだ考えられない状況です。少し北側の鵜住居という集落は全滅状況で、平地と川の両側は瓦礫の山です。
大槌町は海岸沿いのきれいな町でしたが、ここも平地はほぼ全滅で商業集積された新しいショッピングゾーンの店舗はすべて破壊されていました。この町はいわて生協の班員組織(共同購入)が住民比率で一番高い町でしたが、こうした皆さんの多くは帰らぬ人になられたと思うと、立ち去るのに後ろめたさを感じました。町役場が津波の直撃を受け、この町の高校卒で町役場の職員として働き、4年前に町長になられた加藤町長は、温厚な方でした。誰よりもこの町を愛して働き続けた方だけに、その死は町民の悲しみを大きくしたことでしょう。山側の国道を10kmほど入ると、閉校になった小学校を使った公民館らしきところで、いわて生協の豚汁炊き出しが行なわれており、135名の避難された方々が久しぶりの温かい昼食に喜んでいました。私も盛り付けを少し手伝い励ましてきました(この日はこの町の3箇所で行なった)。

PageTop

大震災 被災者でない側で  私の場合

「晴3」
不幸があなたを襲っていないことを祈ります。
今あげて支援、救済の行動のときです。同時に今進行中の巨大な不幸を未来の破綻につながないように、根底からわが身を見直し、新しい未来選択へ仲間と歩みたい。
GDP第1の近代化がいかにもろいものであったか、阪神淡路大震災直後神戸にあっていたく痛感したものであった。貴重な機会に学ぶことなく新自由主義競争に入って市域を分解させた。原発安全神話が崩れていく様子をこぞって目の当たりにしています。ガソリン製油所、物流 集中効率化システムが被災拡大の原因に転化し、日常生活で、便利だったものが不便になり、東海沖地震、房総沖地震、首都圏直下型地震がいつ起きても不思議でない期間射程のなかに入りました。(これから30年間の発生確率80%)今月73歳になるわが身ですが  共に考えたい仲間に(東北関東地震・・・・私の場合2)書きます。長文でごめんなさい。

(東北関東地震・・・・私の場合) 千葉の仲間と大友さんらに出したメールそのままのものです

PageTop

みやぎ生協大震災対策本部ニュース  No11のご紹介

みやぎ生協大震災対策本部ニュース№11 2011年3月24日  災害対策本部発行

職員の皆さんへ
いよいよ、店舗の通常営業開始に向けたプランが固まりました。再生は2期に分けて進めます。
ステップ1:4月1日(金)より36店で通常営業を立ち上げます。(多賀城、大代、六丁の目、新田東、南光台、閑上、黒松、白石、アイトピア、石巻渡波、石巻大橋)を除く店舗です。
営業内容:1)営業時間を10時~21時で固定。2)倍付けポイントなどの一部のプロモーションを実施。3)4月21日からはお見舞いや店舗状況のお知らせを報告しつつセールを実施。
上記以外の店舗は状況を考慮しつつ、店頭販売などを行ない、体制や施設条件の復活に伴い、通常営業店舗への移行に努力します。
ステップ2:8月21日~復興期と位置づけ、震災前の状態を目指します。
PageTop

Fさんへの手紙

[吉永紀明]
 茫然自失とはこういう気持ちのことを言うのでしょうか。3月11日のM9,0の大地震と大津波そして福島第一原発の事故の状況を目の当たりにして、思考が完全に停止してしまいました。言葉を失いました。
 どんな言葉で表現したらよいのか。そこにいなかった私が言葉に表すと、被災された方に不遜ではないかとブログに投稿するのもためらいました。
 千年に一度といわれる大災害が、まさか自分の生きている間に起きるとは想像すらしていませんでした。
 16年前の阪神淡路大震災もあってはならない大災害と思っていたのに、それを越える災害が降りかかるとは・・・。
 大津波が町を村を家を畑を総なめにする映像は、映画の作り物であってほしいと何回も思いました。
PageTop

東日本大震災のニュース

[管理人 少老朋友]

みやぎ生協大震災対策本部ニュース、No8とNo9が同時に届きましたので、それぞれ一部を抜粋して掲載させていただきます。
なお、日生協の震災支援活動ブログに全国の生協の支援活動の取り組みが豊富に掲載されています。このページの左側欄の一番下寄りの「リンク」の項の下のほうの行、「日生協 震災支援活動ブログ」の文字をクリックしていただければそのページにリンクして、お使いのパソコンの画面に表示されますのでお試し下さい。

みやぎ生協大震災対策本部ニュース№8 2011年3月21日  災害対策本部発行

職員の皆さんへ
 昨日、石巻市で、80歳の祖母と16歳のお孫さんが震災から9日ぶりに救出されるという大きなニュースがありました。217時間にわたって厳しい寒さや雪に耐え、まさに奇跡の救出劇でした。
私達が今行なっている復興作業、供給活動、物資搬送なども、県民の命と生活を守るためのものです。言うまでも無く我々の生活もです。今回の救出劇のような奇跡など起こせるわけではありませんが、一歩一歩前進し、1日でも早く平穏な生活を取り戻せるよう頑張りましょう。くれぐれも健康に留意してください。
PageTop

みやぎ生協大震災対策本部ニュースNo7 のご紹介

みやぎ生協大震災対策本部ニュース№7 2011年3月20日  災害対策本部発行

職員の皆さんへ

 コープこうべの先遣隊で、いち早く支援に駆けつけていただいたコープこうべ地区本部長の野間さんが、第2陣の小野さんたちと交代され、21日に神戸にお帰りになります。20日10時の対策本部会議で次のような言葉を頂戴しましたので紹介します。「・・震災復旧に取組まれるみやぎ生協の皆さんの活動は見事です。店舗の復興作業、共同購入のお見舞い活動など本当に頭が下がります。これからも神戸の地で声援をおくりますのでどうか頑張ってください。・・」支援に来てくださっている方々へ改めて感謝したいと思います。この声に応えるべく、みんなで頑張りましょう。

1.大切なお知らせ
(1)風評被害に惑わされてはいけません
福島原発の事故に関連して、「風に乗って放射能が宮城県にくる」、「3/20は雨なのでその雨にあたらないほうがよい」といったことから、宮城県でも「外で作業をすると危ない」とか「外に出るときはマスクに帽子が必要」といった風評がではじめているという話が寄せられています。宮城県と宮城県警に照会したところ、「県や県警ではそのようなことは一切言っていない。県民は通常通りに過ごしてもらってなんら問題がない」とのことです。したがって、今日までと同様に、なんら変わることなく作業や生活を続けてください。
PageTop

福島第1原発の重大事故についてのネット情報のご紹介

[大友弘巳]

 東北関東大震災は、自然の猛威による災害に加えて、恐るべき災難=福島第1原発の重大事故を招いたことによって、世界中の人々から固唾を呑んで見守られる事態となりました。
 いまはただ、大量の放射能流出という最悪の事態に陥ることのないように、政府及び東京電力、そして現場で必死の努力をされている方々のご奮闘を心から願うのみです。
 この間、被災状況や支援の取り組み状況をこのブログでもお伝えしてきましたが、原発事故問題についても、マスメディアには載らないネット情報を横に広げたいとのメールを寄せていただいており、私が注目してきたブログ「リベラル21」に掲載されている記事も併せて、以下にご紹介させていただきます。
 多様な意見を比較検討いただければ幸いです。
 それぞれの文書は、該当のURLをクリックしていただくと画面に表示されるはずですのでお試し下さい。
PageTop

みやぎ生協大震災対策ニュースのご紹介

[管理人 少老朋友]
「みやぎ生協大震災対策本部ニュースNo6」を送っていただきましたので、そのまま掲載させていただきます。

みやぎ生協大震災対策本部ニュース№6 2011年3月19日 災害対策本部発行

職員の皆さんへ

 3月18日は、前日より4店舗増え、29店舗で営業を行いました。各店で入場制限方式や販売個数制限などを行い、スムーズが販売になってきています。
21日以降は店内で営業が出来るお店も含め、さらに営業店舗を増やす予定です。できるだけ多くのメンバーにご利用いただけるよう各店舗は全力で取り組んでいます。
全国の生協からの支援も日増しに増えています。県内を全国の生協のトラックが走り、また、店舗でも販売応援などを行っていただいています。
 職員の安否確認も進めています。約8千人の内、3月19日14:00現在、未確認者は224名です。なお、3名の職員がお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

PageTop

みやぎ生協震災ニュースNO5号のご紹介

[管理人 少老朋友]
みやぎ生協の震災ニュース第5号を送っていただきましたので、そのまま掲載してご紹介します。

みやぎ生協大震災対策本部ニュース№5 2011年3月18日  災害対策本部発行

職員の皆さんへ

 3月18日は、営業する店舗を新聞やテレビでお知らせしたこともあり、多くのメンバーが買い物にいらっしゃいました。お店によってはレジを通過するのに数時間お待たせした方もあったようです。商品を求めていらっしゃるメンバーが、一人でも多くお買い物していただけるよう務めましょう。店舗の復旧は日々進んでいます。更に、店内で営業の出来るお店も増えています。
全国の生協からの支援も更に増え、県内を全国の生協のトラックが走っています。共同購入や店への支援をいただいています。
 職員の安否確認も進めています。約8千人の内、未確認者は265名です。
PageTop

東日本大震災報告ーその2

[加藤善正]
あの大震災から1週間。被災地はまだその被害の全容がわかりません。岩手、宮城、福島各県の被害の状況もかなりの違いがあることがわかってきています。岩手県は地震の揺れによる家屋・建物施設・道路・インフラなどの影響はさほど無く、三陸海岸の「巨大津波」(10~15m)がリアス式海岸のわずかな平地に築かれた住宅街・市街地を襲い、根こそぎ流失させあらゆるものを破壊しました。まだ行方不明の方が多くおそらくは4千名以上の方々が犠牲になったと推測されます。宮城県は津波の被害による南三陸町、石巻市、気仙沼市などは岩手に似ておりますが、名取市、仙台市若林区などは、津波の高さより陸地奥までの被害です。一方仙台市は地震の揺れが家屋や施設の破壊、ガス・水道・電気などのインフラの破損が大きく、特にガスは復旧までかなり長い時間が必要ですし、物流施設やIT関連施設の復旧はまだ見通しがついいない状況です。したがって、日生協DCやサンネット物流、共同購入システムなど、東北地方の生協の店舗や共同購入はまだ復旧のめどが立ちません。
PageTop

仙台からの報告と御礼

[管理人 少老朋友]
みやぎ生協OBの池上さんが発信された「被災状況のご報告とお見舞いへのお礼」を、ご了解を得て、「寄稿」としてこのブログへ掲載させていただくことにしました。
高木さんから送っていただいた「みやぎ生協大震災ニュースNO4」によれば、ライフラインの復旧が進んで、電気は25店舗で、水道は13店舗で復旧したとのことで、17日は23店舗で営業、18日は29店舗まで営業できるようになり、そのうち店内の一部を除いて通常営業できる店が9店舗まで増えたとのことです。
しかし、全店48のうち15店舗はまだ店頭での仮営業、4店舗はまだそれすらもできない状況の店となっていますので、復旧への苦闘が続いています。
日生協では、震災支援活動専用のブログを15日に開設し、16日からは各地の被災状況や、支援活動の様子が具体的に伝えられています。 URLは次の通りです。 http://peacejccu.exblog.jp/ クリックしていただければその画面にジャンプします。

寄稿

[池上 武]
仙台の池上です。
この度は丁重なるお見舞い・お問い合わせのメールありがとうございました。
本来ならお一人お一人に返事を差し上げるべきですが、多数の方々にお知らせしなければなりません。この報告で御礼とさせていただきます。
東北関東大震災で宮城県・東北は大きな被害を受けました。

●個人的には、おかげ様で家族も無事、家や家財も若干の損失で済みました。
 宮城県では、1万人を越す死者・行方不明者がおり、また家や家財・車などの損壊・流出、更にインフラの壊滅などひどい状況です。
その中で私の家族や家が崩れなかったのは幸いとしか言いようがありません。
我が家は海岸線よりやく10KMのところにあります。海岸線より2KMから5KMくらいは大きなダメージを受けましたが、我が家はその埒外でした。
PageTop

東日本大震災に思う + みやぎ生協震災ニュースのご紹介

[大友弘巳]

3月11日午後地震発生以来4日間が過ぎました。これほどテレビを見続けたことは初めての経験です。
リタイアして基本的には自宅にいるのが普通の生活となっていること、この間予定されていた諸行事がほとんど中止になったことなどで、テレビを見ていられる条件が整ったことにも依りますが、1000年に1度と言われるような未曾有の大地震でその被害が想像を絶するほどすさまじいこと(特に大津波が襲ってきた時の様子を撮った映像は頭から離れません)、交通機関の麻痺によって首都圏の電車もほぼすべてストップして通勤通学難民の経験が身の周りの人びとに起きたこと、原発の重大事故により放射能の被害が広域に及ぶ心配が出てきたこと、計画停電を初めて体験することになったことなど、次々と耳目を傍立てざるを得ないニュースが続いているため、テレビに目を引き付けられてきました。
昨年7月、八戸から久慈を経て三陸海岸を巡り、松島、仙台を経て埼玉へ戻る旅をして、特に、宮古と気仙沼には泊まって街中を歩いてきましたので、その二つともが津波によって広域にわたって街が破壊され、多くの人命が奪われたことにショックを受けています。
PageTop

『東日本大震災」報告ー1

[加藤善正]
「東日本大震災」に岩手における状況等をご報告します。
岩手県連・いわて生協本部は若干の施設的被害がありましたが、人員的な被害は皆無で震度6弱の割りには助かりました。横揺れが長い間続き、また、余震も現在でも震度3前後のゆれで続いていますが、被害という状況にはありません。私の部屋は書類や本が崩れ落ちましたが、普段の整理不足もあり反省しています。
 県内の会員生協では、釜石市役所生協(地下)、宮古市役所(2階)が津波の水が押し寄せ、店舗や事務所は水浸しの状況です。大船渡市役所生協は高台にあり被害はありません。労済生協釜石支部、信用生協釜石事務所は水浸しで使用ができ兄状況です。その他の生協は施設的な被害若干ありましたが、特に仕事に大きな影響はありませんでした。
 いわて生協は、共同購入釜石支部(デポ)が津波の被害をまともに受け、まだ近寄れない状況です。4ヶ月前に新しく開設したばかりで、その時点では市役所の開発物件でもあり「100年来の津波でも大丈夫」ということで設置したようですが、4ヶ月目が100年目だったようです?。大船渡支部は津波で水浸しになり、灯油の地下タンクも浮き上がり、ほぼ再起不能でしょう。釜石支部は配達中が多く職員の自家用車は全部流され、大船渡支部は配達車10数台が流失したようです。釜石の灯油配達ローリー車がパート配達員もろとも流され行方不明です。
 
PageTop

Eさんへの手紙

[吉永紀明]
 梅が満開となり、早咲きの桜の開花も聞こえる季節になりました。ただ、この数日は寒の戻りで寒い日が続いています。
 今、中東や北アフリカでは、民主主義革命が起きています。独裁政権というのは、上から目線で国民を押し付け、一部の特権階級だけが甘い汁を吸うという構造です。国民目線で国を考え、統治していかなければ、どこでも同じ運命が待ち受けていると思います。
 話は変わりますが、おかやまコープで「多数の組合員の参加」について、改革が始まろうとしています。
 07年度班所属組合員数が40%を越えていましたが、08年度に40%を割り込み、09年度では37%台になりました。一方で個配組合員は07年度16%だったのが、09年度では18,8%と約3%も増加しています。個配の中で、赤ちゃんのいる方、介護認定を受けている方、障がいを持っている方などが増えています。
 さらに、組合員が生協の運営や活動に参加する数も、コープくらしのつどい(コープ委員会の地区内の組合員に呼びかけ、思いを語り合い交流する場)も会場数や参加人数が減少しています。
PageTop

生協における減災の取り組み

寄稿

[西村一郎]

はじめに
 巨大な岩石層であるプレートが複数重なった上に位置する我が国では、人体に感じないものを含めると、ほぼ連日のようにどこかで地震が発生している。1995年の阪神淡路大震災や2004年の新潟県中越地震などによる大きな災害は、まだ記憶に新しい。さらに地震調査研究推進本部の発表によれば、向こう30年以内に地震の発生する確率は、宮城県沖や茨城県沖で9割をこえ、南関東や東南海では7割程度などにもなっていて、いつ発生してもおかしくない。
 このため生協においても地震対策が、事業だけでなく組合員にとっても大きな課題となっている。ところで災害への対策は防災の用語を一般に使っているが、こと自然現象である地震を完全に防ぐことは無理であり、災害を減らす意味でより正確には減災が妥当であり、生協ではこちらも使用している。
 生協での地震に対する減災の取り組みを大別すると、組合員を主体にした「わがまち減災・MAPシミュレーション」と、生協職員を主体にして事業面で対応する図上演習がある。日本生協連に専任の防災担当を配置し、阪神淡路大震災などからの教訓も含め、どちらにもきめ細かなマニュアルを作成して全国で普及させている。その内容は生協外でも高く評価され、内閣府からの期待だけでなく、2009年に国連の出版物でも紹介されている。ここでは、組合員を主体にした「わがまち減災・MAPシミュレーション」の取り組みに触れる。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。