コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

創立50周年を迎えた埼玉大学生協

[大友弘巳]

 去る10月19日、埼玉大学生協創立50周年記念レセプションが開催されました。
 50周年を祝うOB・OGのつどいは、別途11月に開催の予定なので、今回はOB・OGの参加は20人足らずだけでしたが、大学の関係者、各地の生協や連合会関係者、行政や取引先、埼大生協の役職員、学生委員など、あわせて約200人ほどの参加者で賑やかな会となりました。
 とはいえ、式典は大学会館で、祝賀会は生協食堂での開催で、質素な手作りの会でした。
そして、埼玉大学吹奏楽部の友情出演によるミニコンサートが華を添えていました。
驚いたのは、学長、副学長、各学部長初め事務局を含めた大学当局、及び教職員が50人ほども参加されていたことで、昔とは随分変わったと感じさせられています。
以下の文、 身内を自慢するようでおこがましいと思われるかもしれませんが、私が関わったのはもう古い昔のことでございますので、一生協OBの感想としてお読み取りいただければ幸いと存じます。

役割を高めている埼大生協
 7月初めに開催されたユニコープ友の会(大学生協OB・OGの会)でも、大学生協の現状報告がされ、大学生協が全体として学内での役割を高めていることは聞いていました。
 今回は、埼玉大学生協も役割を高めていることが、この式典においての理事長の報告や、学長はじめ大学生協連会長、東京事業連合理事長などからの祝辞の中で語られたのを聞き、また、当日配布された記念誌「埼大生協50年のあゆみ」のなかで紹介されているのを読み、喜ばしく感じた次第です。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

「冬の兵士・9都市リレー証言集会」の成功

[加藤善正]
 このブログでも何度か紹介していた「反戦イラク帰還兵士の会」(IVAW)の証言集会を、東北6県と千葉・埼玉の9都市でリレーして開催する企画が終了しました。10月5日の仙台市を皮切りに12日のさいたま市までの8日間、連続した日程で二人のIVAWの兵士と通訳の安原敬子さんには、極めてハードな任務でした。しかも、山形市・福島市では午後と夜の2回開催であり、9日は盛岡市と北上市での開催となり、私の組んだ計画だけにあまりのハードな計画を反省しているところです。
 東北は2月に開いた「九条の会・東北ブロック交流会」の実行委員会後の話し合いと、千葉・さいたまでは高橋晴雄さんと大友弘巳さんにお会いしてのお願いでしたが、こうした方々の平和や憲法への熱い思いとアメリカのイラク侵略戦争への怒りが、各地の実行委員会の熱心な取り組みとなり、全体としては予想を超える大成功と考えております。わざわざ来日してくれたジェフリー・ミラード元IVAW会長とホゼ・ヴァスケス事務局長(夫人の日本人・エミさんも全日程を同行)も、なぜこんなに集まってくれたのか、日本の草の根の反戦平和の闘いの素晴らしさに感銘を持って帰りました。

PageTop

創立40周年を迎えたさいたまコープ

[大友弘巳]

<40年周年に当たって>
 去る9月21日、さいたまコープは、創立40周年を迎えました。
40年前の1970年は、旧高階生協と旧所沢生協が合併して埼玉市民生協になった年であり、埼玉中央市民生協が創立された年でもありました。9月21日を創立記念日としているのは、1982年に旧埼玉市民生協と埼玉中央市民生協が合併して市民生協さいたま(後にさいたまコープと改称)となった日が9月21日だったからです。
 源流の一つである高階生協が設立された1947年から数えると63年の歴史を持っており、戦後、ゼロから出発した日本の生協運動の歴史と共に歩んで今日を迎えているとも言えますが、70年以前は前史と位置づけ、市民生協として新たなスタートを切った1970年をさいたまコープの創立年度としており、そこからの40周年を迎えた次第です。

 多くの組合員が共に40周年を祝う大イベントとして、「スーパーフェスタ」が10月23日、24日とさいたま新都心のスーパーアリーナで開催される予定ですが、時節柄、来賓をお招きしての記念式典やパーティは行われず、役職員OBのつどいが内輪で開催されるだけと聞いています。このブログを読んでくださっている方々の中でも、40周年のことは聞いていなかったという方がおられると思われますが、事情をご賢察賜りたいと存じます。
 創立以来長くさいたまコープに関わった者の一人として、40周年を迎えたことを慶ぶと共に、これまでいろいろお世話になってきた皆様方に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

PageTop

生協総研の研究集会に参加して

斎藤嘉璋

助け合い・協同の喪失社会でーー

 先月、生協総研の全国研究集会「経済危機とくらしー生協の理念と地域社会との協働」に参加した。そこで印象に残ったことを少し書かせていただく。一つは日本社会の現状認識についてであり、2つは理念と実践に関してである。
 日本の現状については3人の講師(神野直彦東大名誉教授、宮本太郎北大教授、橘川武郎東大教授)ともある種の危機にあるとの認識では共通しており、その克服の道をそれぞれが語られた。神野教授は「奪い合い」戦略のもとでの「市場拡大」から「分かち合い」戦略のもとでの「社会拡大」へ、税・財政問題をふくむ「希望の構想」を述べられた。「分かち合いで危機の克服」を主張する神野教授は「人々は競争ではなく協同するのが原点」とし協同組合への期待も述べた。(教授は現政権の税制調査会の専門委員会委員長であり「強い財政、強い社会保障、強い経済」の考えや専門委員会の「論議の中間的な整理」も示されたが、ここではそれへの感想は省略。)
 宮本教授は現在の日本を「総合的危機」にあるとし、その克服のための「参加とアクティベーション」について述べられた。総合的危機の内容として①制度解体(日本型経営の衰退―雇用、生活保障の解体、金融優位型資本主義の行き詰まり、雇用者報酬の実質減など)、②社会・人口変容(生産年齢人口、出産年齢女性の減少、共働きと家族の変容、失業、未婚などと「無縁社会」化、貧困化)、③政治麻痺(行政・政治不信、財政危機など)が挙げられた。印象的だったのは職に就けない若者の増、結婚できない(しない)、婚期の遅れといった「無縁社会」化が「貧困化」と並行して進行しているという指摘。もっとショックだったのは、そのような状況のもとで日本人の「助け合い」の精神は諸外国にくらべ非常に劣っているという指摘だった。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。