コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生協の歴史と明日とー

連帯問題を中心に
「斎藤嘉璋」

 この間、大学生協連の50周年、同東京事業連合の40周年、東京都生協連60周年に関連し、その歴史について語ったり書いたりすることが続いていました。その余波で29日には日生協職員有志がやっている協同組合塾でも生協の歴史について語りました。この塾は賀川豊彦献身100年を契機に賀川に関する学習からはじめ、協同組合理念や歴史などを学ぼうとしています。
 私の話は別として、終わってからの参加者の交流で皆さんが生協に関する歴史や理念に強い関心をもっていること、そして議論好きだということに久しぶりに感心しました。最近の生協の職場では(日本生協連をふくめ)、生協の在り方などをめぐり若い人が議論しあうといったことが少ないと感じていたので喜ばしかった。その集まりには賀川記念館館長の賀川督明・一枝夫妻なども参加されていたが、そのような外部の人からも生協の現状についての感想もだされました。
 その一つで良く考えなければと思ったのは「最近、東京から山梨に移り山梨の生協で総代などで生協活動に参加しているが、東京の場合と違い生協も小さいせいか身近だが、産直の農家との関係などを含め地域での交流が身近でたのしい」という発言でした。この組合員が感じる「身近さ」は組合員同士でも職員との関係でも生協の「絆・信頼」のもとになるもので、大東京の100万人を超える組織ではすでに希薄になっているようです。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

ユニコープ友の会18回総会でであったもの

「晴3」
ユニコープ友の会をご存知ですか。

 ユニコープ友の会は17年前の1993年 当時全国185会員の大学生協で30年以上勤続された職員OBの親睦を目的に創られました。今年は18回目の総会(親睦会)が開かれ、懐かしい面々が集まりました。
 当初規約で定めた対象を全国といっても集まるのは東京とその近辺に限られますし 会員資格は大学.地域通算30年以上勤務とすればかって幹部だった人の集まりになってしまい、これでは現役の方にはなじみの薄いものになってしまいます。。

 なので大学生協で汗水流した仲間ならどなたも歓迎ということなっています。また企業にありがちな定年になってさえ 現役時代の序列付きの雰囲気が持ち込まれてはかなわないわけで、何とか生協にふさわしいものにしようと思ってきました。幸い無私の連帯関係で形成されてきた大学生協の職員は規模の大小をとわずに単位生協を超えて移動したり連携したりで仲間意識がありました。そんな雰囲気がOB会のなかにあります。おそらくユニコープ友の会の運営は定年を大学生協で迎えた人たちによってなされる日も近いと思います。 そんなわけで私は会長を進んで退任することにしました。 

 さて18回めの親睦会は現役の方から今時の大学生協事情を聞くよい機会になりました。登場役者は 学生と現役専従。和田専務から 大学法人化ご  コストパホーマンス下の キャンバスの変化と 学生生活と大学生協の厳しさの説明があり、息を呑むものがありました。しかしめげずに活路を切り開こうとして姿に好感をもてました(日を改めて紹介します)。紹介したいのは学生の活動です。やっぱり生協です。紹介します。。
PageTop

激化する生協間の競合!― 共同購入・宅配事業

[大友弘巳]

東都生協の埼玉への進出
 先日、埼玉県南部の戸田市に在住の方から、東都生協が近所で組合員拡大に力を入れて取り組みを進めている様子をお聞きました。
 さらに、その後、東都生協が埼玉県生協連の準会員となる加入申し込みをしていることも聞こえてきました。 
 東都生協は、これまでは基本的には東京都内だけで活動してきましたが、生協法が改正されたことを生かして、隣接県埼玉を活動区域に組み入れ、晴れて埼玉でも活動を広げることになったのだと思われます。
 埼玉県だけではなく、千葉県や神奈川県へも、同様に活動区域を広げることにしているようです。
 生協法改正の趣旨を踏まえてか、埼玉県全域ではなく、県境の都市を指定して新たな活動区域として定款に組み入れることにしているようですが、それでも埼玉の場合で言えば人口密集地帯であり、県内の世帯数の約3分の1は含まれるものと思われます。
PageTop

冬の兵士・8都市リレー証言集会の準備進む

[加藤善正]
低温など春の不順な気候が終わって、今度は酷暑が続く夏。気象庁の「北日本は冷害」という予想に心配していただけに、この暑さも我慢しなければと、穂孕みつつ伸びている稲を見ながら思っている。
6月26日の大友さんの記事以来、1ヶ月もブログへの投稿がないのはさびしい限り。そこで、近況など思いつくまま書いてみることにした。
1)参議院選挙の結果は昨夏の衆議院選挙が「幻」に思えるほど、民主党の大敗、みんなの党の躍進、地方の1人区での自民党の勝利、共産党と社民党の高齢化と地盤沈下、などが明らかになったと思う。この背景などは連日マスコミで評論家たちが勝手な分析をしているので、あまり自論を述べないが、この間の民主党内閣を見ると、かつて、小沢一郎が福田内閣との大連立を図ろうとしたとき、「今の民主党では与党として政権を担う自力がない、連立のなかで力をつけてから政権を担うべきだ」という発言をしたが、長年政権与党として清濁(濁濁?)併せ呑んで、権力を動かしてきた小沢一郎の「本音」であったのではないか、とさえ思える。 もうひとつは、地方の一人区での自民党の21勝8敗という結果である。第1次産業はじめ、地方経済の衰退は目を覆うばかりである。商店街はシャッター街・居酒屋街二なり、高齢化・独居老人が進みまともな若者の仕事場は失われ、先行き不安が増大している。地方自治体の財政危機は住民サービスを次々削りとり、公務員への羨望と嫉妬が渦巻いている。こうした現実はこれまでの自民党政治の結果であることは、誰でもが認めているのだが、こうした地域での自民党の議席回復は、国民・有権者の政治能力の限界性を感じざるを得ない。あるいはあまりの厳しさゆえに、民主党政権への期待が大きくあったのに、その政治的効果が実感できず「近視眼」的評価をせざるを得なかったともいえよう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。