コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日生協総会に参加して

[大友弘巳]

6月21日の当ブログに斎藤さんが既に書かれたことに同感していますが、私もいくつか報告と感想を述べたいと思います。

①初めての1日だけの総会
 今回の日生協総会は、第60回という節目の総会であり、かつ、第11次中期計画案を審議し決議する重要な総会でもありました。
 しかるに、今回は初めて1日だけの総会が試みられ、しかもコープ共済生協連の総会も同日続けて開催でしたので、日生協総会としては、昼食時間を除くと3時間半足らずで終了となりました。 討議は70分のみ、一人4分以内で10数人発言して終わりでした。
 総会に先立つ事前討議の場としての「地区別代議員会議」での「発言概要」が「議案補足資料」に掲載されていましたが、全国6会場の分合計で17ページ(1会場平均3ページ足らずであり、事前討議に従来より時間をかけた様子もうかがえません。
 日本の生協が「存立の岐路」に立つ状況に陥った下で、それをどう打開するかについて十分に議論され意思統一が深まったと言えるのか、心許なく感じます。
 効率もスピードも大事とは思いますが、効果や深化が伴ってこそではないかと疑問が残りました。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

日生協総会の感想など

「齋藤嘉璋」
*日生協総会を傍聴して
このブログに「月に1回位は投稿させていただく」と言いながら、ご無沙汰しています。日生協総会は傍聴するので感想文は書くと約束したが、期待したようないい話はなく、またしても心配ごとの繰りごとになりそうです。
 会長挨拶では11次中計の基調は「信頼再形成」であり、それは単に商品問題でなく組織全体への信頼であるとし、餃子問題などにふれ危機対応での社会的な説明責任の大切さが強調された。その説明責任は県域を超える合併問題など戦略的連帯などの問題に関しても大切と述べたのが印象的だった。
そのあとの厚労省の局長挨拶では、改正生協法の隣接県での組合員利便への貢献にふれ、地域コミニティの陥っている困難ー買い物難民などーに生協が持つ物流インフラ、宅配機能など活かされることへの期待が述べられた。また、食の安全に関し「一部生協での食材の不適切な扱い」に触れ、生協の一層の注意と努力を促した。
PageTop

共同購入の持続的発展を考える

[高橋晴雄]

生協の現役を退いてから6~7年たちます。生協の事情にだいぶ疎くなりました。
でも地域にあって自分の生活からも、地域と生協の大切さをいっそう痛感するようになりました。
この間の時代や社会の変化の大きさは大変なものですね。そんな中にあって今を担う役職員のご苦労も並みではないと思います。応援したい気持ちですが私には何も出来ません。
そこで私はある大学で5年間「非営利組織の理論と実践」の授業をしてきましたが、その中で使ったものから了解を得ていくつか実践的なものを紹介してみたいと思います。
表題のテーマで、生協しまねの理事交流会で講演した毛利さんは、今も全国いくつかの生協とかかわってるな方です。
ご参考になれば幸いです。私は目からうろこでした。
長文ですが、一挙掲載させていただきます。

[毛利敬典]
【ベークが提起したこと】
 今から12年前、京都の「くらしと協同の研究所」が「日本型生協は21世紀に生き残れるか」というテーマでシンポジウムをおこなっています。そこでスウェーデンの協同組合研究者であるスバン・オーケ・ベークという人が講演をしています。その彼の話の中で一番印象に残ったのは衰退を続けるヨーロッパの生協の最大の要因は組合員のアイデンティティーの喪失にあるという指摘でした。「アイデンティティー」というのは日本語に直すと「同一性」となるのですが、まあ、組合員自身が自分にとって生協が「身近な存在、なくてはならない存在」というように感じられている状態ということでしょう。そういう実感を組合員が失っていった、そのことが衰退の最大要因だということです。
 そしてヨーロッパのそれは生協の成功と共におこる規模の拡大、専門化、制度化が進行すると共におこっている。どこの生協でも「組合員の生協離れ」に危機感を持ち、手を打っている。でもその流れを食い止めることに成功していないのだというのです。

PageTop

「協同組合らしい生協運動」の再構築を願って、拙文をご覧ください

[加藤善正]
 6月18日、日本生協連第60回通常総会が開かれる。60回総会にふさわしく「改革」したのか、この総会は全体を3時間半で終了させるという。これまでの分科会討論もなく、親睦と交流を深めていた懇親会もなくした。全体討論は70分間しか保障されず、ひとり当たり5分間、14名しか指名されず発言できない代議員が多く発生することになる。修正案も7日前に代議員25名の賛同を得なければ提出できない。代議員の氏名が判らずどうして25名の賛同を得よというのか。
 生協の生命線といわれる「民主主義」の理念、組合員・会員が主人公である生協らしい運営とはいえないような、最高決議機関である総会をこのように「簡素化・効率化・形式化」するのはなぜなのか。私は最近の日本生協連の総路線や運営のあり方に対して批判や提言を繰り返してきたが、こうした総会のあり方に対する批判さえ、日本生協連理事会や幹部職員からも出されない状況は、異様としか言いようがない。
 今年は「レイドロー報告」から30周年にあたり、5月29日の日本協同組合学会春季大会では、レイドロー報告の今日的意義と現代性を熱心に論議したが、秋季大会でもより深めた研究をすることにしている。レイドロー報告が指摘している「思想の危機」が、わが国の生協運動にいかに影響しているか、真正面から検討する必要性を痛感する。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。