コラボ・コープOB

生協のOB同士で、交流と意見交換を進める場とします。  自分のこと、お互いのこと、生協のこと、世の中のこと、―-協同・平和をめざして。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「映画・こつなぎ-山を巡る百年物語」鑑賞のお勧め

[加藤善正]

前にも情報提供していた「長編ドキュメンタリー映画・こつなぎ-山を巡る百年物語」の上映会が、いよいよ3月13日(土)に全電通会館(御茶ノ水)において3回上映される(シンポジウムも予定)。(11:00、14:00、17:00開始)
この映画は昨年秋に開かれた「山形国際ドキュメンタリー映画祭2009・特別招待作品」として上映されたが、これが「キネマ旬報・2009年度文化記録映画」の第2位にランクされ、作品の質の高さに賞賛が寄せられた。
私は昨年7の試写会を観て感動し、この映画に賛同する人々に名を連ね、2月下旬に「こつなぎ”上映を進める岩手の会」を結成する発起人(事務局担当)として目下力を注いでいる。
この映画は、岩手県北の小さな村落(二戸郡一戸町字小繋)の昔からの「入会地」(小繋山)を、明治政府が初期資本主義体制の原資とするため、「地租改正」として茨城県の資産家に売却し、部落民から取り上げていた。これを知らない農民は大正4年部落の大火復興のために、この入会地から木材を切り出したがこれを窃盗罪で訴え、「入会権」を主張する農民と地主側との長い間の裁判闘争を描いたものである。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

「大学生協の歴史と未来―法人化50周年の想い出集」を読んで

[大友弘巳] IMG-2.jpg

  昨年末、全国大学生協連から「大学生協の歴史と未来―法人化50周年想い出集」が発行され、1月になってから1冊送ってくれましたので、早速読んでみました。
 全国大学生協連の役職員として、または、各地の大学生協の創立期に活躍されて、現在は概ね70歳以上になられた方々がお元気なうちに想い出を語っておいていただこう、という企図で編集されていますので、今年70歳を迎える私などが一番の若手であり、諸先輩が多数登場しておられます。ご指導いただいたこと、お世話になったことが思い出され、読むほどに懐かしくもあり、また、考えさせられる点も多々ありました。
 日本の生協運動は、ユニークな発展を遂げてきたことで90年代には国際的にも注目される存在となりましたが、日本の大学生協は、それ以上に国際的に見ても類のない存在として発展してきたことはご承知の通りです。
 こうした大学生協を築いてきた原動力は何だったのか、諸先輩の想い出の中から解き明かされていますが、そのキーワードが「無私の連帯」とされたことは誠にご尤もと深く共感している次第です。
PageTop

岡本好廣さんの講演録のご紹介

[小老朋友]

時折、当ブログ「コラボ・コープOB」へ寄稿くださっている大先輩岡本好廣さんの、ある異業種交流会で講演された内容が、「花の雑学 三水会便り」というホームページに掲載されました。
テーマは、「大内力論と生協関係論文の再評価」で、このブログをご覧くださっておられる皆様の中には大内先生について関心深い方が多いと存じますので、ご紹介申し上げます。
目次は以下の通りとなっています。

◆◆ 目次 ◆◆
Ⅰ.私の大内力論
   はじめに
  1『埋火(うずめび)』にみる先生の生きた時代
  2.宇野弘蔵先生と大内力先生
  3.大内経済学に貫かれているもの
  4.学問と実践両立への努力
  5.生協運動への幅広い貢献
  6.生協総研でのご指導に想うこと

Ⅱ.生協関連論文の再評価
  1.大内力生協関連論文の特徴
  2.「日本社会における協同の価値」
  3.「労働観念の変遷を考える」その他関連論文
  4.「環境問題と協同組合の役割」その他関連論文
  5.「「第3の道」と協同社会の課題」

以下の青い文字をクリックしていただければ、「花の雑学 三水会便り」の画面が表示されるはずですのでお試し下さい。
 花の雑学 三水会便り

PageTop

「全国政策討論集会」に参加して

[加藤善正]
  

1月14・15日開かれた日本生協連「2010年度政策討論集会」に関して、大友氏から事業連帯問題を中心に報告があったが、私は全体討論と分散会で発言した内容を中心に書いてみる。 
 なお、私の発言に対しては矢野専務は一言もコメンとせずコレを完全に無視した。昨年の総会でも完全に無視したが、私はねじまげたコメントをされることを恐れるので特に無視されたことに異議はないが、「正直・公開」を強調するのであれば、批判意見や厳しい反対意見を無視する彼の「倫理的価値」(ICA)を疑う人が多かったのではないか。
 第11次全国中期計画に対する「政策討論集会」であれば、文字通り政策を討論すべきで、多くの発言は「自らの生協の実践報告会」の色彩が強く、私のような「計画そのもの・政策に関する意見」を無視するのであれば、この集会の意義も薄れるのではないか。
 

山下会長の冒頭挨拶でも「生き残りをかけた中計」が強調されていたが、私の発言の第1は、「10次中計の総括をもって厳しく掘り下げるべきではないか」ということであった。
 店舗事業の黒字化の課題も未達でむしろ赤字が増え、構造的な悪化が進んだし、共同購入(宅配)事業も伸長率が激減し、NETも1%以上縮小し0・6%レベルに陥った。日本生協連の経営悪化はこうした会員生協の経営悪化を補填する「利用高割戻し」も出来ないという。こうした3年間の総括をする上で、毒入り餃子事件や消費不況や低価格商品の対応不足などという、いわば表面的な原因だけでなく、組合員組織の劣化、組合員の生協離れ、この間の恐るべき「内向き志向」、協同組合としての生協のあり方、「レイドロー報告」が厳しく指摘している「思想の危機」など、本質的・根源的な「総括」の上に、向こう3年間の中期計画をすべての生協(事業連帯組織に参加している大きな規模の地域購買生協だけでなく)の参加を通じて、より民主的に作成すべきではないか、というものである。

PageTop

「核なき世界へ」を読む

斎藤嘉璋

岩垂弘著「核なき世界へ」を読んだ。岩垂さん(と親しく呼ばせて頂く)は元朝日新聞記者、「平和・協同ジャーナリスト基金」(PCJF)代表運営委員で、生協の私達とは縁が深いのでご存じの方は多いと思われる。私も日生協時代から親しくさせていただいており、昨夏、久しぶりにヒロシマに行った時もご一緒した。そんなご縁でこの本を贈って頂いた.
(同時代社、2010年1月15日刊、1900円)
著者も「はじめに」で書いているが、オバマ大統領のプラハ演説を導火線に世界は「核兵器のない世界」を目指して動き出した。世界の首脳たちはようやく核兵器の恐ろしさ・その危機に気づき「核なき世界」を本気で考えようとしているが、そこには半世紀にわたる日本の「反核」の運動、訴えがあった、その運動の歴史、課題を明らかにし、今後の取り組みに参考にしてもらいたい、というのが本書の趣旨である。
今、5月の核不拡散条約再検討会議をめざし日本の反核平和の諸団体も取り組みを強めている。時機を得た出版物であり、「生協の平和運動―その興隆から現状まで」の稿もあり、ぜひ生協関係者には読んでいただきたい。(つづく)
PageTop

事業連帯のあり方を考える~ 機能統合の最適化について

[大友弘巳]
 1月14日~15日と全国政策討論集会が開催されました。
私は1日目だけの傍聴参加でしたが、会長の挨拶、専務の報告、全体討論での発言を聞き、いよいよ、県域を越えた合併を選択肢の一つとする事業連帯のあり方の議論が本格的に始まる時期となったことを感じました。
 山下会長の挨拶では、「経営の自立は(各会員の)自己責任」と強調され、「今は生き残り戦略に集中して知恵を絞るべき」とも述べていましたが、他方では1980年にレイドロウ氏が提起した「三つの危機」にも触れ、「80年代の実践は明暗を分けた、暗の事例はフランス、ドイツ、アメリカのバークレー、明の事例はイタリア」と紹介しながら、「日本はまだチャレンジの時、連帯を後退させず、自立した経営の志を磨きあえるようにすることが大切」とし、連帯の議論にも問題提起をしています。
 矢野専務の報告では、事前配布の資料には「事業連合とその加盟単協との連帯のあり方について検討」となっていて、県域を越えた合併の議論については踏み込んだ記述はなかったのですが、口頭で以下のような趣旨の内容が語られました。
 「(ギョウーザ事件前に)県域を越えた合併の議論がいくつかあったのがいったん棚上げになっていたが、改めての議論になっている」とし、「いろいろな意見の違いがある(例えば事業連合でいくべきという意見は、地域への対応、ガバナンスの問題などを重視しての意見、合併を進めるべきという意見は、資金や人材の有効活用、社会的発信力を重視しての意見など)ので、多様性を認め合いながら議論すべき」と述べ、「どちらにせよ、まず機能統合を高度に進めていくことが前提となる」と結びました。
PageTop

「邪馬台国山陰説」

[吉永紀明]
 昨年12月に、鳥取県生協連理事会後に開かれた「ユニセフ学習会」に招かれて鳥取を訪問した。
 以前からユニセフ鳥取県支部を立ち上げるにはどうしたらよいかという相談を受けていた。「一度学習会を開いて関係者にユニセフについて理解を深めてもらったらどうか」と伝えていたことで、理事会の後で開かれた。
 学習会の終了後に行われた忘年会にも参加させてもらった。
 その席上「吉永さん、これお土産です。ぜひ読んで見てください」と一冊の本を渡された。
 本のタイトルは「新説 邪馬台国山陰説」となっていた。渡してくれた人は、その本の著者の田中文也さんだ。
 田中さんは、米子医療生協の現役の専務理事をしている。
 「ありがとうございます。以前話を聞いたことがありましたが、本を出版されたんですね」と答えた。しかし、これが始めてではなく、すでに1998年から4冊も出版していることを後で知った。
 世の中では、邪馬台国は「九州説」と「畿内説」のどちらかというのが主流になっていて、「山陰説」という説があることすら知られていない。
 折角本をもらったのに、岡山に帰ってから忙しさにまぎれて本を読む時間が取れなかった。正月明けに、本をもらったことを思い出して読んでみた。
 読み終わって、邪馬台国が「九州」か「畿内」かということより、もっと広い視野で古代をとらえることが必要なのではないかと感じた。
PageTop

お元気ですか。年賀をかねて一言

「晴3」
お元気ですか。年賀をかねて一言


 当方6回目のトラ年。走るトラか。眠るトラか  動と静のバランスが大切な歳になりました。頭も心も時代の変化に対応する能力は如何?とも思っています。 でも面白い時代に入ったと思います。加齢によって見えてくる楽しみもありそうです。つたない体験でも それを知らない若い人に話し 若い世代からは 新しい息吹をもらう楽しみもあるし、過っての仲間と横になっての 共感の機会も増える。地域は横の社会ですからその気になれば何ぼでも仲間が出来る。でも住民同士体の力の低下と縦社会になじんできた遺伝子が災いすることもあります。しかし皆 心では人間的なぬくもりを求めているので 面白くもあります。そこで、定年になった人や定年間近の人などと遠くは離れていてもメールが出来る時代なので 年数回でも近況や社会や地域についてメール交換はいかがでしょうか。大友さんの提唱で始まったこの協同のブログはその先駆です。 以上提案的なメールでした。
 以下は蛇足の意見です。

タイタニック号に引きずられていく日本丸
 昨年来、ていたらくな政治経済のなかチェンジへの世論が高まるのは当然な流れでした。民主党内閣がこれを収斂し『平和 人権 共生』への歩みを作れるかどうか。アメリカ流グローバリズムを払拭できないなかでは不透明、不確実です。沖縄や日米関係や予算などに聖域を設けて進んでいます。いやだいやだ、或は疑問に思いながらアメリカというタイタニック号に引きずられていく日本丸をまだ乗っている感じです


PageTop

おもちを食べながら・・・

[吉永紀明]
 暮れから新年にかけて、3歳の孫が岡山に遊びに来た。
 夏に来たときは、抱いても嫌がるし、手をつないでもすぐに離されて、なついてくれなかった。
 今回は「おじいちゃん、おじいちゃん!」と言って、手もつなぐし、抱いても嫌がられなかった。少し大人になって、じいちゃんがどうすれば喜ぶか、機嫌をとることを覚えたのかもしれない。
 そんな孫と触れ合いながら、この孫が社会人となる頃の日本は果たしてどうなっているのかを考えると、心配事が多すぎる。良い社会にしなければと思う。
 今の世の中の動きに一言・・・
 ①戦後の圧倒的部分の政治の中枢を握ってきた自民党政権が終わり、民主党政権に変わった。
 小沢幹事長は「民主党に変わって、僅か3ヶ月しか経っていない。そんなに急に何でも出来るわけがない」と言った。もっと長い目で見て欲しいということを言いたかったのだと思う。それも確かにそうだが、あまりにもミスが目立ち過ぎるのではないか。
 この3ヶ月の間でも、官僚支配からの脱却ということで、「事務次官会議の廃止」「天下りのストップ」「事業仕分け」など、前進したこともある。
 しかし、鳩山首相や小沢幹事長の金を巡る問題は、自民党的体質がそのまま残って起きているように思う。
 庶民感覚と大きくかけ離れた金額が動いている。しかも「自分が関与していない」とは到底思えない。納得のいく説明が求められると思う。
 
 
PageTop

今年も、投稿・寄稿・コメント・アクセスを宜しく

[大友弘巳]

 明けましておめでとうございます。
共同のブログ「コラボ・コープOB」を発足してから2回目の新年を迎えました。
名称に比して、共同で作り上げている中身はまだささやかで、僭称と思われても止むを得ない状況ではございますが、16ヶ月間の月平均投稿数は9回余となっており、細々でも更新を維持継続できたことは貴重なことと思い、投稿・寄稿を寄せてこられた方々に、管理人として敬意を表する次第でございます。
アクセス数は、昨年の今頃は月300件台でしたが、このところは月600件台に伸びており、読んでくださる方が着実に増えていることは投稿者・寄稿者にとっては何よりうれしいことでございますので、運営メンバーの一員として心より感謝申し上げます。
 「コラボ」は、運営メンバーだけの共同を目指しているものではなく、寄稿してくださる方、コメントしてくださる方、読んでくださる方、周りの友人・知人に伝えてくださる方など、多くの皆様と共に共同の輪を広げていくことが大事と考えております。
 2010年が、皆様と共々、コラボの輪を大きく広げていく年となることを願っております。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。